フォト

フェルデンクライス・メソッドの教室:Awareness Through Movement


  • ☆毎週土曜日

    10:30〜12:00

    自由が丘駅南口徒歩1分のカルチャーセンターです。


  • ☆毎週月曜日

    12:15〜13:55

    ☆毎週金曜日

    10:30〜12:10

    渋谷駅徒歩7分のダンススタジオです。


  • ホームページはこちらへ !個人セッションの申し込みはメールでお願いします.

  • ☆個人セッション申し込み

    個人セッションのご予約はこちらから

カテゴリー

ランキング関連(応援ありがとうございます。\(^^)/)

無料ブログはココログ

« 年末新年のフェルデンクライス個人セッションの予定 | トップページ | 山水蒙 »

フェルデンクライス・メソッドの古典を読みませんか!

モーシェ・フェルデンクライス著『姿勢と成熟した振る舞い(Body and Mature Behaviour)
を読むフェルデンクライス・ライブラリー第三弾の会員を募集します。

フェルデンクライス・ライブラリー第三弾『姿勢と成熟した振る舞い』
2019年4月発行開始
毎月二回全24回発行を予定しています。

お問い合わせ、お申し込みはメールでお願いします。

Img_5858_3

本当の困難は私たちが学習の過程を忘るということ、私たちが学ぶ原則はそれ自体はかなく無条件なものではないという事実にあるのです。
モーシェ・フェルデンクライス


本書は神経症の治療に新しいアプローチをするアイデアを与える内容となっていて、フェルデンクライス博士が当時の心理学や神経科学や大脳生理学などを簡潔に解説しつつ姿勢が成熟した行動の鍵であることを解き明かします。姿勢についての本です。

第二次世界大戦後すぐに出版された本ですが、今でもロングセラーになっている本であることからも分かるようにその時代を超えた知見は読む人に多くのアイデアを与えます。本書の内容はその後のフェルデンクライス博士のトレーニングコースなどでも繰り返しテーマとして取り上げられて議論の土台となりました。

神経症(ノイローゼ)という用語は現代の病名からなくなったり、その時代には定説とされた理論や法則などが修正されています。それでも本書の議論の本筋に影響はあまりないとは思いますが、今のうちに注釈、図、解説を入れて今の知識と結び付けて整理することで次のフェルデンクライスを実践する世代が少しでも読み易くしようと思います。

私たちはそのような抑圧の使用が私たちの多くにとってより少ない一要因である時代に生きてはいます。それでもやはり私たちは私たちの教育法の結果として自己幻想、力不足の気分、安心感や力の欠如などがしばしば込み上げます。 私たちの挑戦はこのすべてを克服することではなく、むしろそうしている事柄を発見することです。探求してテストして成熟する自分自身の能力を使って、自分の生物的遺伝の強さを発見することです。

一人の子供は自分を抑えつける信念を証明することも反証することもできません。
しかし、一人の成熟した人は感覚の気づきを発達させて、強さと簡単さで動くやり方を発見して、自分という存在に合ったことを自己発見する能力があります。
人は自分が何であれ当然のことと考えてもはや役立たない古い習慣に行き詰まったまま留まる必要はないことを発見するものです。
隠された強さと能力を発見するのです。

ここにモーシェ・フェルデンクライスによって発展された方法論という贈り物があります。
この本は挑戦を始めようとするすべての人に必要不可欠です。

カール・ギンズバーグ博士の序文から

Img_5861
2019年四月発行開始!
フェルデンクライス・ライブラリー第三弾

『姿勢と成熟した振る舞い』

毎月二回全24回発行を予定しています。年会費12000円

お問い合わせ、お申し込みはメールでお願いします。

« 年末新年のフェルデンクライス個人セッションの予定 | トップページ | 山水蒙 »

01.感情と姿勢の関係の捉え方」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87383/67710929

この記事へのトラックバック一覧です: フェルデンクライス・メソッドの古典を読みませんか!:

« 年末新年のフェルデンクライス個人セッションの予定 | トップページ | 山水蒙 »