フォト

フェルデンクライス・メソッドの教室:Awareness Through Movement


  • ☆毎週土曜日

    10:30〜12:00

    自由が丘駅南口徒歩1分のカルチャーセンターです。


  • ☆毎週月曜日

    12:15〜13:55

    ☆毎週金曜日

    10:30〜12:10

    渋谷駅徒歩7分のダンススタジオです。


  • ホームページはこちらへ !個人セッションの申し込みはメールでお願いします.

  • ☆個人セッション申し込み

    個人セッションのご予約はこちらから

カテゴリー

ランキング関連(応援ありがとうございます。\(^^)/)

無料ブログはココログ

« 新年度のフェルデンクライスのレッスンのお知らせ | トップページ | 筋肉は内なる自分を知るセンサー 身体の調律(その2) »

リラックスの新しい考え方へ!身体の調律(その1)

フェルデンクライス・メソッドではリラックスという考え方が一般に考えられている見方と少し異なります。コンディションを調えて、パフォーマンスを向上させるために必要な今更聞けないフェルデンクライスの基本の説明です。

私は古代ギリシャやローマの時代の人達は身体を弦楽器に喩えて理解したんじゃないかなって想像しているんですよね(^^) 中国でも孔子の時代に同じように考えたのかもしれません。

例えば、バイオリンを弾くためには、まず弦の張りを調整して適切な音程に調節しなくちゃならないですよね。

この張力をトーヌスって呼ぶんだよ!と言っていいと思うのです。

そして、この調節をチューニングって言うわけです。

さて、どう考えているかというと、名詞:tonus(トーヌス)→形容詞:tonic=→動詞はtuneでtuning(チューニング)ということです。

適切な音程(tone)に調律(チューニング)することで、うまく楽器を演奏することができるように、適切な筋肉の緊張状態(トーヌス)に調律(チューニング)することで、うまいパフォーマンスをすることができる。調子がいいってことです(^^)

完全に体全体の筋肉が弛緩してしれば、四肢は重く感じることでしょう。
完全に体全体の筋肉が収縮していれば、四肢は堅く滑らかに動かないでしょう。
その間のどこかに四肢を軽く滑らかに動かせるバランスがとれた収縮状態があります。

つまり、体全体に良い筋肉の張りや長さの状態があるのですね。
これをユートニーと言います。

つまり、筋肉を文字通りリラックスすることとは違います!
良いトーヌスを持つようにすることが大切になります。

これがGerda Alexander が言ったEutony(=良い緊張)で、それをモーシェ・フェルデンクライスが丹田の働きとして明確化してどうやるかを具体化したと言えると私は考えています。

フェルデンクライス・メソッドのレッスンをすると、

Eutonyユートニー)に身体を調律して良いコンディションを作り出せます。


これでフェルデンクライスを知らない人にも

フェルデンクライス・メソッドの効果はね、心と体を上手く働かせるようにチューニングができるんだよ!

って説明できますね♪

関連記事はこちらへ 微笑みは誰のために?

« 新年度のフェルデンクライスのレッスンのお知らせ | トップページ | 筋肉は内なる自分を知るセンサー 身体の調律(その2) »

03.フェルデンクライスのチュートリアル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87383/52387763

この記事へのトラックバック一覧です: リラックスの新しい考え方へ!身体の調律(その1):

« 新年度のフェルデンクライスのレッスンのお知らせ | トップページ | 筋肉は内なる自分を知るセンサー 身体の調律(その2) »