フォト

フェルデンクライス・メソッドの教室:Awareness Through Movement


  • ☆毎週土曜日

    10:30〜12:00

    自由が丘駅南口徒歩1分のカルチャーセンターです。


  • ☆毎週月曜日

    12:15〜13:55

    ☆毎週金曜日

    10:30〜12:10

    渋谷駅徒歩7分のダンススタジオです。


  • ホームページはこちらへ !個人セッションの申し込みはメールでお願いします.

  • ☆個人セッション申し込み

    個人セッションのご予約はこちらから

カテゴリー

ランキング関連(応援ありがとうございます。\(^^)/)

無料ブログはココログ

« 丹田と骨盤と頭の関係 | トップページ | フェルデンクライス 10月のレッスンのお知らせ »

丹田の操り方

丹田の使い方の実践です。
さあ!いよいよ確信です。

ついに丹田のコントロールの仕方の練習法の詳しい図入りのATMまでたどり着きました。
一部FI の技法も入っています。

扉は開かれました、後は実践あるのみです(^-^)


そして、皆さんが丹田のコントロールの使い方を身につけて、伝承していっていただければいいなと考えています。

長かった私の仕事も終わりに近づいてきていますね。


フェルデンクライス博士が日本に還したかった技法は丹田のコントロールだったのでしょう。
フェルデンクライスのレッスンで行う特殊な起き上がり方の風の形や咳をしたり唾を飲み込む呼吸法などもそれを練習するための体系なのですね。

だから、モーシェは武術のインタビューで生徒達に丹田の使い方を教えていると言っていたのでしょうね。

丹田の動きが身体の使い方と心の働きの両面を表していることがフェルデンクライス博士の伝えたかった精力善用の言葉の意味なのだと思います。それが自己の力...


丹田のコントロールというものはね、ある自己の使い方から別の使い方に切り替えるときの身体の最も適切な状態なのだ。

丹田のコントロールは言わば、活動している身体のニュートラルギアなんだ。私達がしようとする他のどんなことでも、体と心を最大限に生かして使うやり方で行いたいのなら、私達はこの状態を通過するものなんだ。by モーシェ フェルデンクライス


bell現在ライブラリー・バックナンバー会員募集しています

Scan4

scissorsフェルデンクライス・ライブラリーより『自己の力∨精力善用』第39号『第17章:丹田のコントロール③』は10月10日発行です。

pen第17章:丹田のコントロールの目次

[ 第17章−7:自分の中にある能力から始めること]

[ 第17章−8:斧を振り下ろす動作]

[ 第17章−9:息を吐き出しながら下腹部を膨らます]

[ 第17章−10:頭のニュートラルな位置を見つける]

[ 第17章−11:下腹部と呼吸の連動]

[ 第17章−12:丹田の呼吸の生理]

[ 第17章−13:楽に椅子の上に立ち上がれるか?]

[ 第17章−14:丹田のコントロールはなぜ重要なのか?]

[ 第17章−15:可逆性を使って椅子の上に楽に立ち上がる]

[ 第17章−16:性行為との関連性]

[ 第17章−17:肛門括約筋の観察]

[ 第17章−18:正確な丹田コントロールの状態]

[ 第17章−19:丹田コントロールを学ぶ障害となる点]

[ 第17章−20:股関節の可動性を誘導現象で向上するFI]

[ 第17章−21:誘導現象とストレッチの違い]

[ 第17章−22:丹田は身体の根本原理である]

[ 第17章−23:腹の特別な3点]

[ 第17章−24:脚の正確な配置を見つける]

[ 第17章−25:立位で頭のニュートラルな位置を見つける]

[ 第17章−26:丹田を回転させる]

[ 第17章−27:丹田を使って椅子に座る]

次回は10月の第二週の発行ですhappy0210月10日を予定しています。

flair自己の力∨精力善用発行リストセカンドシーズン

on第25号「第12章:正しい姿勢の4つの法則」

on第26号「第12章:正しい姿勢は何もしないことで得られる」

on第27号「第13章:意のままに使える手段/想像力①」

on第28号「第13章:意のままに使える手段/実践編②」

on第29号「第14章:最初のオーバーホール①」

on第30号「第14章:最初のオーバーホール②」

on第31号「第15章:フェルデンクライスの手法①」

on第32号「第15章:背骨を丸めるための様々技法②」

on第33号「第15章:幼児期の感情パターンに気づく方法③」

on第34号「第16章:生理機能と社会秩序①」

on第35号「第16章:自己主張と生理機能②」

on第36号「第16章:性の学習期間」

on第37号「第16章:これまでの概念の明確化」

on第38号「第17章:腹と骨盤と頭」

soon第39号「第17章:丹田のコントロール」

« 丹田と骨盤と頭の関係 | トップページ | フェルデンクライス 10月のレッスンのお知らせ »

02.フェルデンクライスと心理学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87383/49629099

この記事へのトラックバック一覧です: 丹田の操り方:

« 丹田と骨盤と頭の関係 | トップページ | フェルデンクライス 10月のレッスンのお知らせ »