フォト

フェルデンクライス・メソッドの教室:Awareness Through Movement


  • ☆毎週土曜日

    10:30〜12:00

    自由が丘駅南口徒歩1分のカルチャーセンターです。


  • ☆毎週月曜日

    12:15〜13:55

    ☆毎週金曜日

    10:30〜12:10

    渋谷駅徒歩7分のダンススタジオです。


  • ホームページはこちらへ !個人セッションの申し込みはメールでお願いします.

  • ☆個人セッション申し込み

    個人セッションのご予約はこちらから

カテゴリー

ランキング関連(応援ありがとうございます。\(^^)/)

無料ブログはココログ

« フェルデンクライス 8月のレッスンのお知らせ | トップページ | 効率的に学習したいなら 骨盤 »

自己表現

現代社会では積極的に自分を理解してもらわなくてはいけないことが多いものです。セルフマネージメントアサーティブトレーニングが流行っていたりもします。コミュニケーションに悩む人達も多いのでしょう。

自己をどのように主張していくのか?それは社会の仕組みと関係が深いことは知られています。

でも、自己主張と自律神経の働きにも深い関係があることが今回のテーマです。心の問題は身体の問題と分けて考えることはできないことが理解されることでしょう。

さらに性の問題とも関係してもいます。

興奮すると思考がぐるぐる回って止まらない理由も明らかになるでしょう。

Feldenlibrary_logo_2

scissorsフェルデンクライス・ライブラリーより『自己の力∨精力善用』第35号『第16章:第16章:自己主張と生理機能②』は8月8日発行です。

bell現在ライブラリー・バックナンバー会員募集しています

次回は8月の第二週の発行ですhappy028月8日を予定しています。

flair自己の力∨精力善用発行リストセカンドシーズン

on第25号「第12章:正しい姿勢の4つの法則」

on第26号「第12章:正しい姿勢は何もしないことで得られる」

on第27号「第13章:意のままに使える手段/想像力①」

on第28号「第13章:意のままに使える手段/実践編②」

on第29号「第14章:最初のオーバーホール①」

on第30号「第14章:最初のオーバーホール②」

on第31号「第15章:フェルデンクライスの手法①」

on第32号「第15章:背骨を丸めるための様々技法②」

on第33号「第15章:幼児期の感情パターンに気づく方法③」

on第34号「生理機能と社会秩序①」

soon第35号「自己主張と生理機能②」

« フェルデンクライス 8月のレッスンのお知らせ | トップページ | 効率的に学習したいなら 骨盤 »

02.フェルデンクライスと心理学」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87383/49070435

この記事へのトラックバック一覧です: 自己表現:

« フェルデンクライス 8月のレッスンのお知らせ | トップページ | 効率的に学習したいなら 骨盤 »