フォト

フェルデンクライス・メソッドの教室:Awareness Through Movement


  • ☆毎週土曜日

    10:30〜12:00

    自由が丘駅南口徒歩1分のカルチャーセンターです。


  • ☆毎週月曜日

    12:15〜13:55

    ☆毎週金曜日

    10:30〜12:10

    渋谷駅徒歩7分のダンススタジオです。


  • ホームページはこちらへ !個人セッションの申し込みはメールでお願いします.

  • ☆個人セッション申し込み

    個人セッションのご予約はこちらから

カテゴリー

ランキング関連(応援ありがとうございます。\(^^)/)

無料ブログはココログ

« 呼吸のリズムで筋肉の緊張に気づく | トップページ | フェルデンクライスメソッド6月のレッスンのお知らせ »

フェルデンクライスに関するインタビューが公開されました

2008年の12月に私が受けたフェルデンクライス メソッドに関するインタビュー記事がついにネットに公開されましたhappy02

『十書簡 フェルデンクライス・メソッドについて』インタビューと思索の記録

フェルデンクライス・メソッドについて
2008年の12月までに私がフェルデンクライス・メソッドに関して考えていたことについてインタビューに答えているものです。

内容はとりあえず公開されている部分では

●どのようにフェルデンクライス・メソッドのレッスンをしているのか?

●フェルデンクライス・メソッドやる目的はなんなのか?

●学習モードについて

●リラックスするとはどういうことか?

●丹田の使い方とユートニーについて

●フェルデンクライス・メソッドの隠された目的とは?

●自発性を起こせるやり方がある

●フェルデンクライスのレッスンを解析すること

を話しました。

Human_cordination_2

あのインタビューはもう2年前のことになるのですねconfident

インタビューを受けるいきさつを書いておこうと思いますpen

インタビューをして下さったおかだまりこさんとは私がピラティスの専門家を対象に銀座でワークショップをしたときに参加していただいていました。

そのときはほとんどお話をする機会がありませんでしたが、人に触れるときの様子を見ていて、繊細な感覚をお持ちの方なんだなと印象的でした。

おかだまりこさんはThe Nia TechniqueとSkeleltal Arrangeの専門家です。
おかだまりこさんのブログ

その後、おかだまりこさんの師匠とその生徒さん達とご一緒にお食事をする機会がありました。
その中にはフェルデンクライスの先生になるためのトレーニングを受けている生徒さん達もいました。

そこで、フェルデンクライスを学んでいる中での悩みや不安を聞いたのです。
これがインタビューを受けるきっかけでした。


当初はフェルデンクライスの先生になるためのコースの2年次を終了する方々の悩みを解決する助けとなることがインタビューのテーマだったのですshine


それから、池尻大橋にあるお洒落なカフェでインタビューを受けることになりました。
私が誤解していたのですが、その当時おかだまりこさんは私が考えていたほどフェルデンクライスのレッスンを受けていませんでした。

そこで、フェルデンクライスをほとんど知らない人にも分るように話をすることになりました。
このインタビューはおかだまりこさんのためだけの即興のインタビューとなったのです。

かえって、この方が多くのフェルデンクライスに興味をもつ方に役に立つものになりました。

おかだまりこさんとのやりとりで、謎解きの旅にみなさんとご一緒できるとようになっていると思います。

そして、この2年間のおかだまりこさんの渾身の思索と努力によって、とても幅広く深いものになっています!

さらに、みなさんの感想でさらに発展していくものとなるでしょう\(^^)/

フェルデンクライス メソッドはいつも目の前の人のためにレッスンを行うものだと思っています。
このインタビュー記事があなただけのレッスンとなっていたら、心から嬉しいです。


『十書簡 フェルデンクライス・メソッドについて』インタビューと思索の記録

澤田

« 呼吸のリズムで筋肉の緊張に気づく | トップページ | フェルデンクライスメソッド6月のレッスンのお知らせ »

03.フェルデンクライスのチュートリアル」カテゴリの記事

フェルデンクライス・メソッドのワーク」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
ご無沙汰しております。

>当初はフェルデンクライスの先生になるためのコースの
>2年次を終了する方々の悩みを解決する助けとなる
>ことがインタビューのテーマだったのです

4年目に入り残すは2セグメント(28日間)の私にとって
とてもタイムリーな内容であると同時に
やっぱり頭を抱えることからは(今は)逃れられないな~
と思うインタビュー内容でした。


インタビューをまとめてくださったこと
インタビュー公開してくださったこと
に感謝します。

こんにちは
こちらこそ、ご無沙汰しております

お読みいただいて嬉しいです

タイムリーな内容で良かったですねwink

残り少ないトレーニングコースを有意義にお過ごしくださいhappy01

ありがとうございます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87383/48439648

この記事へのトラックバック一覧です: フェルデンクライスに関するインタビューが公開されました:

« 呼吸のリズムで筋肉の緊張に気づく | トップページ | フェルデンクライスメソッド6月のレッスンのお知らせ »