フォト

フェルデンクライス・メソッドの教室:Awareness Through Movement


  • ☆毎週土曜日

    10:30〜12:00

    自由が丘駅南口徒歩1分のカルチャーセンターです。


  • ☆毎週月曜日

    12:15〜13:55

    ☆毎週金曜日

    10:30〜12:10

    渋谷駅徒歩7分のダンススタジオです。


  • ホームページはこちらへ !個人セッションの申し込みはメールでお願いします.

  • ☆個人セッション申し込み

    個人セッションのご予約はこちらから

カテゴリー

ランキング関連(応援ありがとうございます。\(^^)/)

無料ブログはココログ

« フェルデンクライスの動作の解説 | トップページ | フェルデンクライスに関するインタビューが公開されました »

呼吸のリズムで筋肉の緊張に気づく

フェルデンクライス メソッドの実践で扱ったの動作の意図と意味の解説が続きます。

今回はある人を例にとって、単純な動作をしながら呼吸のリズムを感じることで、口の周りの筋肉群と肛門括約筋の緊張に気がつくようになることを指摘します。

さらに、そのことがどのように胃腸障害を引き起こしている交差性動機に気づくことになるか説明しています。

つまり、これは絶え間ない良心の呵責を感じることで取り乱されることなく、認識されていない動機を感じることで、すぐさましなければならないことに従うことが十分にできるということなんだ。自分をもっと相応しい環境状態に置くことを学ぶことで、それゆえ、逆行する環境と態度と反応のより優れた柔軟性を結びつけることを学ぶことで、さらなる進歩が保証されている。 by モーシェ フェルデンクライス

Feldenlibrary_logo_2

scissorsフェルデンクライス・ライブラリーより『自己の力∨精力善用』第30号『第14章:最初のオーバーホール②』は5月23日発行です。

pen第14章:最初のオーバーホール①の目次

[第14章−3:食習慣と交差性動機と呼吸の仕方]

[第14章−4:胃腸障害と交差性動機]

[第14章−5:肛門括約筋]

[第14章ー6:交差性動機を認識する能力を高める]

[第14章ー7:意志の努力で、欠点を正そうとしない]

bell現在ライブラリー・バックナンバー会員募集しています

次回は6月の第二週の発行ですhappy026月13日を予定しています。

flair自己の力∨精力善用発行リストセカンドシーズン

on第25号「第12章:正しい姿勢の4つの法則」

on第26号「第12章:正しい姿勢は何もしないことで得られる」

on第27号「第13章:意のままに使える手段/想像力①」

on第28号「第13章:意のままに使える手段/実践編②」

on第28号「第14章:最初のオーバーホール①」

soon第28号「第14章:最初のオーバーホール②」

« フェルデンクライスの動作の解説 | トップページ | フェルデンクライスに関するインタビューが公開されました »

02.フェルデンクライスと心理学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87383/48432698

この記事へのトラックバック一覧です: 呼吸のリズムで筋肉の緊張に気づく:

« フェルデンクライスの動作の解説 | トップページ | フェルデンクライスに関するインタビューが公開されました »