フォト

フェルデンクライス・メソッドの教室:Awareness Through Movement


  • ☆毎週土曜日

    10:30〜12:00

    自由が丘駅南口徒歩1分のカルチャーセンターです。


  • ☆毎週月曜日

    12:15〜13:55

    ☆毎週金曜日

    10:30〜12:10

    渋谷駅徒歩7分のダンススタジオです。


  • ホームページはこちらへ !個人セッションの申し込みはメールでお願いします.

  • ☆個人セッション申し込み

    個人セッションのご予約はこちらから

カテゴリー

ランキング関連(応援ありがとうございます。\(^^)/)

無料ブログはココログ

« フェルデンクライス・メソッド1月のレッスン日程 | トップページ | フェルデンクライス博士のレクチャー映像 »

疲労が新しい行動パターンを作り出す?

フェルデンクライス・ライブラリー『自己の力/精力善用』では、いよいよフェルデンクライス・メソッドの実際のレッスンがどのように考えて構成されているのかの説明に入っていきます。

フェルデンクライス・メソッドでは、なんでレッスンで一つの動作を多く繰り返さないのか?をフェルデンクライス博士は説明してくれます。

読むと、疲労が新しい行動パターンを作り出しているという意外なことが分ります。
一見、疲労と言う短所が実は重要な働きをしているわけですねflair
改めて生き物の凄さを感じますhappy01

一般的に言えることですが、言葉の定義って大事ですshine

pen疲労とは何か?疲労感とは何か?

混乱したら定義を読み返してくださいね。この二つの違いは明確に区別されてます。
それから、運動神経細胞のfatiguedとtiredの違いもね

不必要な曖昧さを減らして、何が分らないかはっきりさせると、分ってくると思います。
区別=分化ですよ〜scissors

Feldenlibrary_logo_2

scissorsフェルデンクライス・ライブラリーより『自己の力』第21号『第10章:行動と抑制と疲労①』を1月10日発行します。

pen第10章:行動と抑制と疲労①目次

[第10章ー1:コーディネイト(連動)とは]

[第10章ー2:なぜレッスンで一つの動作を多く繰り返さないのか]

[第10章ー3:新しいパターンが自発的に作られる理由]

[第10章ー4:筋肉自体は疲れにくい、疲労感は大脳皮質現象である]

[第10章ー5:運動神経細胞の疲労段階:機能相互排他的多様運動パターン]

[第10章ー6:神経細胞の疲労が新しい行動パターンを反復させる]


bellフェルデンクライス・ライブラリーは第一号より購読していただいておりますので、申し込みをされた月によって発行される号数が異なります。「続きを読む」欄でご確認ください。

会員数増加のため、現在、フェルデンクライス・ライブラリー新規会員の募集をいったん停止しています。

図書館会員の方からのご感想やご質問やアイデアでバックナンバーは不定期に更新されていますbell
最新の更新は第7号、第16号、第19号、第20号です。バックナンバーも再読してくださいねhappy02


フェルデンクライス・ライブラリー創刊にあたって

次回は1月の第四週の発行ですhappy021月24日を予定しています。

flair自己の力∨精力善用発行リスト

on第1号「序文:トラウマ」

on第2号「序論:汝隣人を愛するがごとく汝を愛せよ」

on第3号「序論:現代心理学は熱力学の理論に喩えることから始まった」2009年12月申し込みの方

on第4号「第1章:知能について」

on第5号「第2章:自発的行為と強迫的行為/精力善用」2009年11月申し込みの方

on第6号「第2章:自発的行為と強迫的行為/教育の目的」

on第7号「第3章:動機と行動/動機の分類」2009年10月申し込みの方

on第8号「第3章:動機と行動/行動パターンの分類」

on第9号「第4章:抵抗感と交差性動機」2009年9月申し込みの方

on第10号「第4章:社会依存と性機能障害」

on第11号「第5章:行動と環境」2009年8月申し込みの方

on第12号「第5章:思考習慣の形成」

on第13号「第6章:依存力と成熟力」2009年7月申し込みの方

on第14号「第6章:両親の影響」

on第15号「第7章:報酬と罰」2009年6月申し込みの方

on第16号「第8章:欠陥のある姿勢の起源」

on第17号「第8章:欠陥のある姿勢と行動」2009年5月申し込みの方

on第18号「第9章:心と体/神経系の機能」

on第19号「第9章:心と体/神経系の生理学」2009年4月申し込みの方

on第20号「第9章:習慣を変えるための方法論」

soon第21号『第10章:行動と抑制と疲労①』2009年3月申し込みの方

door第22号『第10章:行動と抑制と疲労②』

« フェルデンクライス・メソッド1月のレッスン日程 | トップページ | フェルデンクライス博士のレクチャー映像 »

02.フェルデンクライスと心理学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87383/47210207

この記事へのトラックバック一覧です: 疲労が新しい行動パターンを作り出す?:

« フェルデンクライス・メソッド1月のレッスン日程 | トップページ | フェルデンクライス博士のレクチャー映像 »