フォト

フェルデンクライス・メソッドの教室:Awareness Through Movement


  • ☆毎週土曜日

    10:30〜12:00

    自由が丘駅南口徒歩1分のカルチャーセンターです。


  • ☆毎週月曜日

    12:15〜13:55

    ☆毎週金曜日

    10:30〜12:10

    渋谷駅徒歩7分のダンススタジオです。


  • ホームページはこちらへ !個人セッションの申し込みはメールでお願いします.

  • ☆個人セッション申し込み

    個人セッションのご予約はこちらから

カテゴリー

ランキング関連(応援ありがとうございます。\(^^)/)

無料ブログはココログ

« 戦争はなぜ起きるのだろう | トップページ | フェルデンクライス・メソッド12月のレッスン日程 »

心と体

モーシェ・フェルデンクライス博士は人類を悩ませていた問題に指針を与えます。これがフェルデンクライス・メソッドの方針であり手段となったわけです。フェルデンクライス・メソッド確立の瞬間に立ち会ってみましょうlovely

この問題はおそらく歴史上どんな問題よりも議論されたきたので、私達がこの問題に関して決定的な結論を出したと考えることは思い上がりもはなはだしいのかもしれない。しかしながら、私は差し当たっての評価として、手間をかけただけの価値があったと信じている。なぜなら、以前はあたかも何かすることができることなどありはしないように思えたこの問題を行動であると提案したのだからね。by Moshe Feldenkrais

つまり、フェルデンクライス博士は自分自身の力でなんとかできるものに変えたわけです。これがモーシェ・フェルデンクライスが発見したことなんですよhappy02「心地よい体の動きが“脳”を刺激し活性化させる??」ことを発見したわけではなくてねbleah

Feldenlibrary_logo_2

scissorsフェルデンクライス・ライブラリーより『自己の力』第17号『第9章:心と体/神経系の機能』を11月22日発行します。

pen第9章:心と体/神経系の機能

[第9章-1:生命の進化と環境順応能力の発達]

[第9章-2:自分の行動に責任を負わないという信念]

[第9章-3:性格とは]

[第9章-5:心、無意識、意志とは行動モードの関係性の描写にすぎない]

bellフェルデンクライス・ライブラリーは第一号より購読していただいておりますので、申し込みをされた月によって発行される号数が異なります。「続きを読む」欄でご確認ください。

モーシェ・フェルデンクライスが本当は何を発見したか知りたい人もねbleah

自分の行動に責任を負うなんて、当たり前のことかもしれませんねwink

これまでの事柄と重複する内容の気がして、当たり前だと思うことかもしれません。でも、フェルデンクライス博士の言う通り、当たり前のことほど把握しにくい(Elusive Obvious)なわけです。

神様や仏様や天使や他人任せにしていたことを行動の仕方という自分自身でできることに認識を変えたことこそがモーシェ・フェルデンクライスの発見であり、フェルデンクライス・メソッドの確立です。

次回は11月の第二週の発行ですhappy0212月13日を予定しています。

flair自己の力∨精力善用発行リスト

on第1号「序文:トラウマ」

on第2号「序論:汝隣人を愛するがごとく汝を愛せよ」2009年11月申し込みの方

on第3号「序論:現代心理学は熱力学の理論に喩えることから始まった」

on第4号「第1章:知能について」2009年10月申し込みの方

on第5号「第2章:自発的行為と強迫的行為/精力善用」

on第6号「第2章:自発的行為と強迫的行為/教育の目的」2009年9月申し込みの方

on第7号「第3章:動機と行動/動機の分類」

on第8号「第3章:動機と行動/行動パターンの分類」2009年8月申し込みの方

on第9号「第4章:抵抗感と交差性動機」

on第10号「第4章:社会依存と性機能障害」2009年7月申し込みの方

on第11号「第5章:行動と環境」

on第12号「第5章:思考習慣の形成」2009年6月申し込みの方

on第13号「第6章:依存力と成熟力」

on第14号「第6章:両親の影響」2009年5月申し込みの方

on第15号「第7章:報酬と罰」

on第16号「第8章:欠陥のある姿勢の起源」2009年4月申し込みの方

on第17号「第8章:欠陥のある姿勢と行動」

on第18号「第9章:心と体/神経系の機能」2009年3月申し込みの方

soon第19号「第9章:心と体/神経系の解剖学」

« 戦争はなぜ起きるのだろう | トップページ | フェルデンクライス・メソッド12月のレッスン日程 »

02.フェルデンクライスと心理学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87383/46801192

この記事へのトラックバック一覧です: 心と体:

« 戦争はなぜ起きるのだろう | トップページ | フェルデンクライス・メソッド12月のレッスン日程 »