フォト

フェルデンクライス・メソッドの教室:Awareness Through Movement


  • ☆毎週土曜日

    10:30〜12:00

    自由が丘駅南口徒歩1分のカルチャーセンターです。


  • ☆毎週月曜日

    12:15〜13:55

    ☆毎週金曜日

    10:30〜12:10

    渋谷駅徒歩7分のダンススタジオです。


  • ホームページはこちらへ !個人セッションの申し込みはメールでお願いします.

  • ☆個人セッション申し込み

    個人セッションのご予約はこちらから

カテゴリー

ランキング関連(応援ありがとうございます。\(^^)/)

無料ブログはココログ

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

フェルデンクライス・メソッド12月のレッスン日程

09年12月 フェルデンクライス・メソッドのグループ(ATM)レッスン
早いものでもう年末です(^^;)みなさんの今年はどんな一年でしたか?


happy01隔週レッスンクラス

フェルデンクライス・メソッドをちょっと体験したいとか気軽に参加したい方にお勧めです。
原宿はフェルデンクライス入門編のレッスンを扱っています。

☆星の会とごんの会のレッスン日(オープンクラス)
12月

☆11月26日(木) 「千駄木」19:30〜21:00

☆12月3日(木) 「原宿」19:00〜20:30

☆12月10日(木) 「千駄木」19:30〜21:00



ご参加、お問い合わせはメールでご連絡ください。
1回2000円です。
メール



happy01毎週レッスンクラス

フェルデンクライス・メソッドで深い効果を上げるためには毎週1回のレッスンはとってもお勧めです。参加者の方々に合わせたテーマを一緒に解決していきます。

☆『よみうり文化センター自由が丘』のフェルデンクライスメソッドの講座は 10月期12月19日まで、1月期1月16日スタート
祝日を除く毎週土曜日10:30〜12:00

  第2・第4土曜日の隔週レッスンも併設されました。happy01 もっとも長くレッスンをおこなっているところです。創造的なアイデアが生まれる場となっています。 1回体験レッスンもできます。

よみうり文化センター自由が丘

☆『Angel R』のフェルデンクライス メソッドのクラスは
毎週月曜日12:30〜14:00

 ダンサー向けのレッスンも多く扱っています。怪我や故障の改善だけでなく、技術の向上にも役立つレッスンを豊富に扱っています。体験もできます!12月28日はお休みです。
       Angel R



happy01フェルデンクライス個人レッスン(Functional Integration )

Moshe_feldenkrais

首や肩や腰の痛みでお悩みの方、ダンスや演奏技術を向上したい方、武術やパフォーマンス能力を増したい方、多様な個人的な問題にオーダーメイドに対応できるフェルデンクライス・メソッドの個人レッスンを受けて見て下さいgood

個人セッションは問題の程度によりますが、半年で6回以上の定期的なセッッションをお勧めします。なお、ある程度短いスパンでレッスンを受けた方が効果が高く持続する傾向にあります。

詳しくは続きを読むを御覧下さい。

happy01フェルデンクライス・ライブラリー

フェルデンクライス・メソッドを本当に理解したい方のためにモーシェ・フェルデンクライスが残した様々な文献や資料を通して理解するために作られた会員制インターネット配信サイトです。

Feldenlibrary_logo

現在、フェルデンクライスを専門的に学んでいる方、様々なボディワークの専門家やカウンセラー向けにモーシェ・フェルデンクライスの著作からこれまで日本語で語れることがほとんどなかった心理学との関係を発信中ですflair

フェルデンクライス博士による心と身体の関係を理解する理論と実践の解説を読みますflair 最新号は心と体編ですbell 年内でいったん新規会員の募集を停止します。お申し込み、お問い合わせはメールでお願いしますhappy02

フェルデンクライス・ライブラリーの説明へ

続きを読む "フェルデンクライス・メソッド12月のレッスン日程" »

心と体

モーシェ・フェルデンクライス博士は人類を悩ませていた問題に指針を与えます。これがフェルデンクライス・メソッドの方針であり手段となったわけです。フェルデンクライス・メソッド確立の瞬間に立ち会ってみましょうlovely

この問題はおそらく歴史上どんな問題よりも議論されたきたので、私達がこの問題に関して決定的な結論を出したと考えることは思い上がりもはなはだしいのかもしれない。しかしながら、私は差し当たっての評価として、手間をかけただけの価値があったと信じている。なぜなら、以前はあたかも何かすることができることなどありはしないように思えたこの問題を行動であると提案したのだからね。by Moshe Feldenkrais

つまり、フェルデンクライス博士は自分自身の力でなんとかできるものに変えたわけです。これがモーシェ・フェルデンクライスが発見したことなんですよhappy02「心地よい体の動きが“脳”を刺激し活性化させる??」ことを発見したわけではなくてねbleah

Feldenlibrary_logo_2

scissorsフェルデンクライス・ライブラリーより『自己の力』第17号『第9章:心と体/神経系の機能』を11月22日発行します。

pen第9章:心と体/神経系の機能

[第9章-1:生命の進化と環境順応能力の発達]

[第9章-2:自分の行動に責任を負わないという信念]

[第9章-3:性格とは]

[第9章-5:心、無意識、意志とは行動モードの関係性の描写にすぎない]

bellフェルデンクライス・ライブラリーは第一号より購読していただいておりますので、申し込みをされた月によって発行される号数が異なります。「続きを読む」欄でご確認ください。

モーシェ・フェルデンクライスが本当は何を発見したか知りたい人もねbleah

続きを読む "心と体" »

戦争はなぜ起きるのだろう

モーシェ・フェルデンクライスは幼いころから戦争に巻き込まれてきました。The Potent Selfはちょうど第二次世界大戦が終わったころ書かれたものです。

今回の内容で、フェルデンクライス博士の冷静な語り口の中にもう戦争を無くしたいという切実な思いを感じるのはたぶん私だけではないでしょう。

姿勢の形成の仕方が戦争の形成と同じだなんて言われたら、笑ってしまうかもしれませんね。でも、じっくり読んでもらえば、単なる楽観主義者だなんていえないとわかると思うのです。

ナチのパリ侵攻の際にはキューリー研究所の放射能の基礎実験資料をナチに利用されないように、ジュリオ・キューリーの頼みでイギリスに運びます。そのときに負った怪我が最も大きな痛手としてモーシェの膝を駄目にします。それが後のフェルデンクライス・メソッドの始まりになるわけです。

本書を書きながら、モーシェ・フェルデンクライスは争乱の中で青春時代を過ごした現イスラエルに戻り、アレクサンダーヤナイでレッスンを20年以上することになります。中東戦争が始まり、頭の上でミサイルが飛び交う中でレッスンを続けて、レッスンの終わりにはよく「イスラエルに平和を」って言ってレッスンを締めくくっています。

平和と言う単なる言葉を唱えるだけでなく実践の道を進もうという熱い思いが冷静な文章であるがゆえにいっそう伝わってくるように思えます。

Feldenlibrary_logo_2

scissorsフェルデンクライス・ライブラリーより『自己の力』第17号『第8章:欠陥のある姿勢と行動』を11月8日発行します。

pen第8章:第8章:欠陥のある姿勢と行動の目次

[第8章-5:姿勢は感情を表現する]

[第8章-6:強迫状態を示す姿勢の実例]]

[第8章-7:成長と姿勢形成]

[第8章-8:家族秩序が行動を作る]

[第8章-9:自己に対する思い込み]

[第8章-10:統合力/世界の平和に]

bellフェルデンクライス・ライブラリーは第一号より購読していただいておりますので、申し込みをされた月によって発行される号数が異なります。「続きを読む」欄でご確認ください。

続きを読む "戦争はなぜ起きるのだろう" »

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »