フォト

フェルデンクライス・メソッドの教室:Awareness Through Movement


  • ☆毎週土曜日

    10:30〜12:00

    自由が丘駅南口徒歩1分のカルチャーセンターです。


  • ☆毎週月曜日

    12:15〜13:55

    ☆毎週金曜日

    10:30〜12:10

    渋谷駅徒歩7分のダンススタジオです。


  • ホームページはこちらへ !個人セッションの申し込みはメールでお願いします.

  • ☆個人セッション申し込み

    個人セッションのご予約はこちらから

カテゴリー

ランキング関連(応援ありがとうございます。\(^^)/)

無料ブログはココログ

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

フェルデンクライス・メソッド7月と8月のレッスン日程

09年7月 フェルデンクライス・メソッドのグループ(ATM)レッスン
8月はお休みが入りますので、ご注意下さいbell


happy01隔週レッスンクラス

フェルデンクライス・メソッドをちょっと体験したいとか気軽に参加したい方にお勧めです。
原宿はフェルデンクライス入門編のレッスンを扱っています。

☆星の会とごんの会のレッスン日(オープンクラス)
7月〜8月

☆7月2日(木) 「原宿」19:00〜20:30

☆7月9日(木) 「千駄木」19:30〜21:00

☆7月16日(木) 「原宿」 19:00〜20:30

☆8月6日(木) 「原宿」 19:00〜20:30



ご参加、お問い合わせはメールでご連絡ください。
1回2000円です。
メール



happy01毎週レッスンクラス

フェルデンクライス・メソッドで深い効果を上げるためには毎週1回のレッスンはとってもお勧めですよ。参加者の方々に合わせたテーマを一緒に解決していきます。

☆『よみうり文化センター自由が丘』のフェルデンクライスメソッドの講座は 7月期7月4日スタート!
祝日を除く毎週土曜日10:30〜12:00

  第2・第4土曜日の隔週レッスンも併設されました。happy01 もっとも長くレッスンをおこなっているところです。創造的なアイデアが生まれる場となっています。 1回体験レッスンもできます。

よみうり文化センター自由が丘

☆『Angel R』のフェルデンクライス メソッドのクラスは
毎週月曜日12:30〜14:00

 ダンサー向けのレッスンも多く扱っています。怪我や故障の改善だけでなく、技術の向上にも役立つレッスンを豊富に扱っています。体験もできます!
       Angel R


ImageChef Banner Maker - ImageChef.com
フェルデンクライス・ライブラリーを配信中ですflair フェルデンクライスを専門的に学んでいる方、様々なボディワークの専門家やカウンセラー向けにモーシェ・フェルデンクライスの著作からこれまで日本語で語れることがほとんどなかった心理学との関係を考えます。

初めて分ったflairそうかsign01こういうことだったんだhappy01が満載の内容ですannoy

なんちゃってcoldsweats01はもう終わりにしません?wink

Angel フェルデンクライス・ライブラリーの説明へ

動機?条件反射?神経症って何?

scissorsフェルデンクライス・ライブラリーより『自己の力』第8号『第3章:動機と行動/行動パターンの分類』発行です。

ImageChef Banner Maker - ImageChef.com

神経生理学の説明が本格的になってきましたね(^^;)ちょっと復習です(^^)/

動機とはやる気や意欲という意味がありますが、ここでは動機(行動のきっかけ)を脳から発する神経インパルスの脳部位の異なる部分からの発端、種類、経路のことと定義しました。

心の働きと体の動きを一つの実体ある神経系の機能であると提唱し始めています。つまり心身一如あるいは心身一元性(論)です。心と体を関連する別の実体と考える心身二元論ではないということですね。

「私の体は賢いが頭で考える事は間違えている」とか、「心の方が体より上である」とかの階層構造を想定しないわけです。

例えば、「やる気はあるんだけど体が動かないんだ」とか言うとき、この気分をどう理解したら良いでしょう。何か報酬を与えますか?罰を?それとも別の何かがあるのでしょうか?たぶん読み進めるうちに明確になるのでしょうね。

そう、ここにフェルデンクライス・メソッドがいわゆるボディワークと根本的に違う点があるのです。体から心にアプローチするのではないのですよ。だからSomatic Educationなわけです(^-^)

ね!面白いでしょ(^-^)ちょっと難しい内容ですけど、じっくり取り組んでください\(^^)/

今回は意識している行動を単一の動機にするために、行動を三種類に分類します。反射行動∨習慣と条件付け行動∨周期性定型化行動(神経症性行動)です。

混乱したら具体例を考えてみましょう\(^^)/身近な誰かとか!ひょっとして自分かも(^^;)

pen今回の内容の目次

[第3章-7:古典的条件反射理論の説明]

[第3章-8:神経症患者の定型化行動は反射行動でも習慣行動でもない]

[第3章-9:動物における神経症患者の定型化行動に似た実例]

[第3章-10:定型化行動は低次神経中枢の特性のため持続するようだ]

[第3章-11:ハトに人工的に 周期性定型化行動を作り出す実験]

[第3章-12:意識している行動をはっきりと認識されたただ一つだけの動機と一致させる]

[第3章-13:実例:暗に動機に敵意を含めて質問する人、世間が悪い?]

[第3章-14:単純な動作でさえ一つの動機となる必要がある]

続きを読む "動機?条件反射?神経症って何?" »

動機と行動/動機の分類

フェルデンクライス・ライブラリーより『自己の力』第7号「第3章:動機と行動/動機の分類』発行です。
ImageChef Banner Maker - ImageChef.com

認識できる動機と認識しにくい動機を(脳)生理学的観点で説明しています。

認識できる行動⇒緊張が身体の特定部分に局在
認識していない行動⇒緊張が身体に広く分布⇒反射行動∨自動化(習慣)行動

例えば、不安感や無気力感は身体の特定部分に緊張が局在するものではないから、軽減策を見つけることが難しいことが説明されます。そして気づきが必要なことがわかります。

次回の第3章は条件反射や神経症の脳機能についての実験の考察が解説されていきます。ここで何を区別しているのかじっくりと取り組んでいただくことが次回の内容の理解につながると思います。

不安感はこのような様々な方法で身体のとても多くの異なる部位に関連して引き起こされ得るし、あまりにも各人各様で、同じ人でも時間経過であまりにも異なり得るので、不安感に関連した緊張を認識することはいつも簡単ではない。

それゆえ、気づきが始まらないと、私達は自分の中に起きていることに気づかないことだけでなく気づかないこと自体にも気づいていないことを信じることはとても難しい。

....この緊張感を見分けることができることがとても重大になるわけだ。

pen今回の内容の目次

[第3章-1:必要不可欠な行動は身体に限定された緊張として感じる]

[第3章-2:認識しにくい緊張感]

[第3章-3:三種類の動機]

[第3章-4:認識していない動機と反射による動機を区別する実験]

[第3章-5:反射による動機と言えない習慣による認識されていない動機がある]

[第3章-6:認識されていない行動は反射行動と習慣化行動とこれらの境界領域行動に分けられる]

続きを読む "動機と行動/動機の分類" »

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »