フォト

フェルデンクライス・メソッドの教室:Awareness Through Movement


  • ☆毎週土曜日

    10:30〜12:00

    自由が丘駅南口徒歩1分のカルチャーセンターです。


  • ☆毎週月曜日

    12:15〜13:55

    ☆毎週金曜日

    10:30〜12:10

    渋谷駅徒歩7分のダンススタジオです。


  • ホームページはこちらへ !個人セッションの申し込みはメールでお願いします.

  • ☆個人セッション申し込み

    個人セッションのご予約はこちらから

カテゴリー

ランキング関連(応援ありがとうございます。\(^^)/)

無料ブログはココログ

« フェルデンクライス・メソッド5月のレッスン日程 | トップページ | モーシェ・フェルデンクライス博士のFI映像 »

自発的行為と強迫的行為/精力善用

scissorsフェルデンクライス・ライブラリーより『自己の力』第五号「第2章:自発的行為と強迫的行為/精力善用』発行です。
ImageChef Banner Maker - ImageChef.com

いよいよ本書のテーマである。Potent Self=自己の力=精力善用の意味が語られます。

In humans, where the bulk of activity consists of learned acts, there appears a kind of activity that is best described as potent activity. It is the sort of behavior we encounter in well-matured persons.

pen今回の内容の目次

[第2章−1:自発性は主観的で相対的な考え]

[第2章−2:物事をどのようにするかが重要]

[第2章−3:自発性は抵抗の内部感覚による]

[第2章−4:精力善用:Potent Self]

[第2章−5:無気力な自己:Impotent Self]


flair自己の力∨精力善用

on第一号「序文:トラウマ」2009年3月第二週発行済み

on第二号「序論:汝隣人を愛するがごとく汝を愛せよ」は3月第四週発行済み

on第三号「序論:現代心理学は熱力学の理論に喩えることから始まった」は4月第二週発行済み

on第四号「第1章:知能について」は4月第四週発行済み

on第五号「第2章:自発的行為と強迫的行為/精力善用」は5月第二週発行済み

soon第六号「第2章:自発的行為と強迫的行為/教育の目的」は5月第四週発行

« フェルデンクライス・メソッド5月のレッスン日程 | トップページ | モーシェ・フェルデンクライス博士のFI映像 »

02.フェルデンクライスと心理学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87383/44845467

この記事へのトラックバック一覧です: 自発的行為と強迫的行為/精力善用:

« フェルデンクライス・メソッド5月のレッスン日程 | トップページ | モーシェ・フェルデンクライス博士のFI映像 »