フォト

フェルデンクライス・メソッドの教室:Awareness Through Movement


  • ☆毎週土曜日

    10:30〜12:00

    自由が丘駅南口徒歩1分のカルチャーセンターです。


  • ☆毎週月曜日

    12:15〜13:55

    ☆毎週金曜日

    10:30〜12:10

    渋谷駅徒歩7分のダンススタジオです。


  • ホームページはこちらへ !個人セッションの申し込みはメールでお願いします.

  • ☆個人セッション申し込み

    個人セッションのご予約はこちらから

カテゴリー

ランキング関連(応援ありがとうございます。\(^^)/)

無料ブログはココログ

« フェルデンクライスの目的 | トップページ | 動機と行動/動機の分類 »

フェルデンクライス・メソッド6月のレッスン日程

09年6月 フェルデンクライス・メソッドのグループ(ATM)レッスン
湿度の高くなる季節です。床に寝転んで呼吸に意識を払うと、一息つけます。呼吸は体内の湿気を払う機能もあるのでしょうねshine


happy01隔週レッスンクラス

フェルデンクライス・メソッドをちょっと体験したいとか気軽に参加したい方にお勧めです。
原宿はフェルデンクライス入門編のレッスンを扱っています。

☆星の会とごんの会のレッスン日(オープンクラス)
6月

☆6月4日(木) 「原宿」19:00〜20:30

☆6月11日(木) 「千駄木」19:30〜21:00

☆6月18日(木) 「原宿」 19:00〜20:30

☆6月25日(木) 「千駄木」19:30〜21:00



ご参加、お問い合わせはメールでご連絡ください。
1回2000円です。
メール



happy01毎週レッスンクラス

フェルデンクライス・メソッドで深い効果を上げるためには毎週1回のレッスンはとってもお勧めですよ。参加者の方々に合わせたテーマを一緒に解決していきます。

☆『よみうり文化センター自由が丘』のフェルデンクライスメソッドの講座は
祝日を除く毎週土曜日10:30〜12:00

  新しく第2・第4土曜日の隔週レッスンも併設されました。happy01 もっとも長くレッスンをおこなっているところです。創造的なアイデアが生まれる場となっています。 1回体験レッスンもできます。

よみうり文化センター自由が丘

☆『Angel R』のフェルデンクライス メソッドのクラスは
毎週月曜日12:30〜14:00

 ダンサー向けのレッスンも多く扱っています。怪我や故障の改善だけでなく、技術の向上にも役立つレッスンを豊富に扱っています。体験もできます!
       Angel R

ImageChef Banner Maker - ImageChef.com

フェルデンクライス・ライブラリーを発行していますflair
フェルデンクライスを専門的に学んでいる方、様々なボディワークの専門家やカウンセラー向けにモーシェ・フェルデンクライスの著作からこれまで日本語で語れることがほとんどなかった心理学との関係を考えます。
会員制月会費1100円、ネット上で毎月2回発行します。
インターネットにアクセスできれば、どなたでも読めるホームページ上の記事です。

フェルデンクライス・ライブラリーはいつでもご購読できますが、第一号より購読していただいております。一年8ヶ月の期間限定発行です。

フェルデンクライス・ライブラリー発行リスト

flair自己の力∨精力善用

on第一号「序文:トラウマ」2009年3月第二週発行

on第二号「序論:汝隣人を愛するがごとく汝を愛せよ」は3月第四週発行

on第三号「序論:現代心理学は熱力学の理論に喩えることから始まった」は4月第二週発行

on第四号「第1章:知能について」は4月第四週発行

on第五号「第2章:自発的行為と強迫的行為/精力善用」は5月第二週発行

on第六号「第2章:自発的行為と強迫的行為/教育の目的」は5月第四週発行

soon第七号「第3章:動機と行動/動機の分類」6月第二週発行

door第八号「第3章:動機と行動/行動パターンの分類」6月第四週発行

« フェルデンクライスの目的 | トップページ | 動機と行動/動機の分類 »

0.ワークショップのお知らせ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87383/45104483

この記事へのトラックバック一覧です: フェルデンクライス・メソッド6月のレッスン日程:

« フェルデンクライスの目的 | トップページ | 動機と行動/動機の分類 »