フォト

フェルデンクライス・メソッドの教室:Awareness Through Movement


  • ☆毎週土曜日

    10:30〜12:00

    自由が丘駅南口徒歩1分のカルチャーセンターです。


  • ☆毎週月曜日

    12:15〜13:55

    ☆毎週金曜日

    10:30〜12:10

    渋谷駅徒歩7分のダンススタジオです。


  • ホームページはこちらへ !個人セッションの申し込みはメールでお願いします.

  • ☆個人セッション申し込み

    個人セッションのご予約はこちらから

カテゴリー

ランキング関連(応援ありがとうございます。\(^^)/)

無料ブログはココログ

« ダーウインは心理学者? | トップページ | フェルデンクライスレッスンの7月〜8月のレッスンの日程 »

モーシェ・フェルデンクライスの経歴

フェルデンクライス・メソッドの成り立ちを考えていて、モーシェ・フェルデンクライスの経歴をまとめてみました。ややマニア向けですが、しばらく公開してみます。

« ダーウインは心理学者? | トップページ | フェルデンクライスレッスンの7月〜8月のレッスンの日程 »

04.フェルデンクライスメソッドのanecdote」カテゴリの記事

コメント

モーシェ・フェルデンクライスってなに?

はじめまして。
京都でフェルデンクライス・メソッドを学んでいます。
「M・フェルデンクライスの経歴」わかりやすいです。
FPTPでの講義でセグメント毎に一度は、
モーシェ個人の話が出てきます。
でも、彼の生年は知っていても、その後の彼の動きと
日本・世界の動きのつながりが分からず、
講義を聞く時に困っていました。
年表を見て、クリックして
「なるほど」とうなっています。
ディスプレイ画面を見るのが苦手な私は、
「印刷できないのかなあ?」と思って見ています。
「年表」があったり、You Tubeがあったり、
Google Mapがあったり…
ネット上で本当に色々なことを作成し公開できるのですね。
ありがとうございます。

はじめまして。Reikoさん
コメントありがとうございます。happy01

「M・フェルデンクライスの経歴」役だって良かったです。winkそして、それをお知らせいただけてとても嬉しいです。happy02

今のTime Lineの機能ではデーターの書き出しはできるようですが、表形式を保ったままの印刷はできないようですね。PC上で画面を直接コピーして印刷はできると思いますが、見にくいかもしれません。なにか上手い手がありましたら、ブログ上で報告しますね。

この年表M・フェルデンクライスの経歴は誰でも書き込めるようにして、みんなのものになるといいと思っています。そうすれば、より正確で使い易いものに成長することでしょう。

ネットはますます便利になります。でも情報を発信する人がいないと機能しません。フェルデンクライスが多くの人に分り易く伝わり、広がっていくと良いです。

京都FPTP充実したときをお過ごし下さい。ありがとうございました。

ネットは本当に便利になり、ますます便利になっていきます。
そのスピードについていけない位です。coldsweats02
sawadaさんのおっしゃる通り
『情報を発信する人がいないと機能しません』。
機能は充実していてもその内容がないことには、
立地もよく店員さんも素敵で立派なお店に
商品が並んでいないのと同じです。

ネットがあることに加え、
そのお気持ち・ご意思により、
こうしてネット上で
フェルデンクライス・プラクティショナーの先輩方と
交流できること、そして豊かな経験をshareしていただけることに、感謝。

コメントありがとうございます。m(_ _)m
私もネットを通じてフェルデンクライスを専門的に学ばれている方と交流できて、とても嬉しいです。そして多くを学ばさせていただいています。

reikoさんのブログ
『なにを読んでも なにを見ても聞いても フェルデンクライス』
http://d.hatena.ne.jp/geko_sishibuhuo/
を読んで知ったのですが、京都FPTPの勉強会は直接交流ができて素晴しいですね。きっと練習のためATMやFIを一般の方に教える場に発展し、卒業後はもちろん各個人がやっていくことでしょうが、各地域の頼れる団体に成長するかもしれませんね。

フランクワイルドマン博士はそんなこと考えていたりしてね。wink

「M・フェルデンクライスの歴史」を
リンク欄に追加してくださりありがとうございます。
モーシェの歴史を見たい時、
毎回「最近の記事」欄から探してクリックしていました。
でも、いずれこの記事のタイトルはこの欄から消えます。
どうしよう…?と思っていたところに「リンク欄」で発見!
ありがとうございます。
happy01

Reikoさん。コメントありがとうございました。happy02

「M・フェルデンクライスの歴史」はリンク欄にリンクをしていますが、直接ブックマークしていただいても見れますよ。
http://timeline.nifty.com/portal/show/7694

さて、多くの方にご覧いただけているようなので、このタイムラインを誰でも閲覧でき、誰でも投稿できるように設定を変更しました。paper

私の手を離れて、皆さんのタイムラインとして成長するかどうか、しばらく見守ってみることにします。eye

これを見ている人が自由に書き込んで使ってくれるといいのですけどね。sign01

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87383/41684285

この記事へのトラックバック一覧です: モーシェ・フェルデンクライスの経歴:

« ダーウインは心理学者? | トップページ | フェルデンクライスレッスンの7月〜8月のレッスンの日程 »