フォト

フェルデンクライス・メソッドの教室:Awareness Through Movement


  • ☆毎週土曜日

    10:30〜12:00

    自由が丘駅南口徒歩1分のカルチャーセンターです。


  • ☆毎週月曜日

    12:15〜13:55

    ☆毎週金曜日

    10:30〜12:10

    渋谷駅徒歩7分のダンススタジオです。


  • ホームページはこちらへ !個人セッションの申し込みはメールでお願いします.

  • ☆個人セッション申し込み

    個人セッションのご予約はこちらから

カテゴリー

ランキング関連(応援ありがとうございます。\(^^)/)

無料ブログはココログ

« フェルデンクライス・メソッドの2月〜3月のレッスンの日程 | トップページ | 弥山に行って来ました »

風の形へ

Wind
フェルデンクライス・メソッドの数多いAwarenes Through Movent のレッスンの中でも重要なヘブライ語でも英語でもそして日本語でも『風の形』と呼ばれるシリーズの扉を開こうと思います。皆さんに良き風が起きますように。そして風が新しい友になりますように。typhoon

仰向けに寝て下さい。両脚を広げて。 右腕を右手と右肘をまげて持ち上げて、肘と手をぶら下げておきます。 繊細な動きで頭はそのままにしながら右肩甲骨を持ち上げようとして下さい。
「おー!持ち上げ始めている!」という感じを感じながらできることだけをしましょう。

まったく力を使わず、起き上がろうとしないで、ただこの動作に注意をむけます。

ここまで行けてこれ以上行けない所をどうやって識別しますか?

もう少し行こうとすると何が起き始めますか?

それって何ですか?努力感としてどんなことを感じ始めますか?

さらに行こうとするときに起きることと努力として起きることは同じではありませんよね。

さらに努力を加えようとすることを見分け始めたら、同時に、背中のどこかで床を押さないようにしているか注意を向けてみましょう。

注意をすれば...床になにも押し付けないようにします。まったく普段と違った難しさがないようにしながら、ずっと同じ感じでこの動きが起こるようにまかせて下さい。

こんな風に続けて、何度もゆっくりと持ち上げてみましょう。

できれば、急がないで。

ゆっくりと動きます。

« フェルデンクライス・メソッドの2月〜3月のレッスンの日程 | トップページ | 弥山に行って来ました »

08.気づきと体の観察」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87383/40124353

この記事へのトラックバック一覧です: 風の形へ:

« フェルデンクライス・メソッドの2月〜3月のレッスンの日程 | トップページ | 弥山に行って来ました »