フォト

フェルデンクライス・メソッドの教室:Awareness Through Movement


  • ☆毎週土曜日

    10:30〜12:00

    自由が丘駅南口徒歩1分のカルチャーセンターです。


  • ☆毎週月曜日

    12:15〜13:55

    ☆毎週金曜日

    10:30〜12:10

    渋谷駅徒歩7分のダンススタジオです。


  • ホームページはこちらへ !個人セッションの申し込みはメールでお願いします.

  • ☆個人セッション申し込み

    個人セッションのご予約はこちらから

カテゴリー

ランキング関連(応援ありがとうございます。\(^^)/)

無料ブログはココログ

« 理想的な試験とは | トップページ | フェルデンクライス始動 »

問題の身体的側面を扱うことの意味

Wizard01_7
ふぇるでんは心と体の問題を行動を変えることから対処するアイデアを得たようです。大地とのつながりと再生という巻物をまた読んでいます。

合理的な方法は上達が何によって阻まれているかを見つけ出すことです。
ほとんどの場合、骨盤と頭の習慣的不完全な制御をしている生徒の心の葛藤を解決できます。

十分な改善がされてからだけ、現実の試験である競技会は自立というより高いレベルに生徒を導く公正なチャンスとして試されうるのです。

もちろん明らかなように、どんな特定のケースにでも当てはまるような厳密な規則を提示することは、不可能です。経験豊かな先生ならそうすることができるでしょうが。

幸いなことに、そのような先生がいない場合でも、その問題の身体的側面を扱う包括的な戦略を勧めることができて、学生により良い状況の下で自分の感情的なもつれを見つけ出すことに専念できるようにしておけます。

多くの場合、頭と骨盤の習慣的で不完全なコントロールを調整する事を学べば、この心の葛藤を解決できるということか。でも、包括的な戦略ってなんだろう?

« 理想的な試験とは | トップページ | フェルデンクライス始動 »

07.学び方を学ぶ」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
お久しぶりです。
その後マグナス文献で面白いトピックはありましたか?
エレン先生のレッスンにでたときに足底と平衡感覚についてちょっと話がでたのでまた興味がでてきて、文献には何が書いてあったのか凄く興味があります.
すぐにコメントしたかったのですが、PCのIEが調子悪く、なかなかコンタクトできませんでした.

こんばんは、yamagiwaさん
コメントありがとうございます。マグヌスの文献の足底と平衡感覚についての記述を調べてみます。ただ、今忙しい時期なので報告は9月以降になってしまうと思います。ごめんなさい。m(_ _)m
そうそう、郡司ペギオ幸男さんの本を読みましたか?きっと、yamagiwaさんの興味をひく研究を扱っている方ですよ。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87383/11192322

この記事へのトラックバック一覧です: 問題の身体的側面を扱うことの意味:

« 理想的な試験とは | トップページ | フェルデンクライス始動 »