フォト

フェルデンクライス・メソッドの教室:Awareness Through Movement


  • ☆毎週土曜日

    10:30〜12:00

    自由が丘駅南口徒歩1分のカルチャーセンターです。


  • ☆毎週月曜日

    12:15〜13:55

    ☆毎週金曜日

    10:30〜12:10

    渋谷駅徒歩7分のダンススタジオです。


  • ホームページはこちらへ !個人セッションの申し込みはメールでお願いします.

  • ☆個人セッション申し込み

    個人セッションのご予約はこちらから

カテゴリー

ランキング関連(応援ありがとうございます。\(^^)/)

無料ブログはココログ

« 異なる面から考えてみること | トップページ | 理想的な試験とは »

両刃の剣

Wizard01_5
ふぇるでんは心と体のつながりについて考える必要があると考えました。身体論?ソマテック?教育?

習慣的になり気がつかない不完全なコントロールを生じさせ得る原因は強い感情的な力が成熟に向かおうとする正常な成長を妨げた個人の経験によります。

したがって、人は、未熟な観察者にとっては全く理屈に合わない感情的なアプローチ(それは個人特有の鏡で外部の出来事をゆがめます)をします。

そのような人は、耐えられないほどの打ち負けかせられる屈辱的な経験を自分の中に見いだします。

さらに、彼は中枢神経系から出された筋肉の行動命令が動くな!という矛盾する衝動と統合されなければならない精神状態で、敵に立ち向かいます。

ずっと体を堅くしてしまって、技術が必要な行動は実行するのはまったく無理です。姿勢の強制的変化による不安がいつもあります、さらに、その筋収縮の状態をあらゆる行為で変化させなくてはなりません、それゆえに、常に行動の遅れがともないます。

したがって、彼は相手ではなくて彼自身によって打ち負かされたように感じます。同種の悪循環行動は、ほとんどの心理的な問題で観察されます。

成熟を進めるための手段として盲目的に競技に頼ることは、両刃の剣となります。

なるほどね。続く

« 異なる面から考えてみること | トップページ | 理想的な試験とは »

07.学び方を学ぶ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87383/11177250

この記事へのトラックバック一覧です: 両刃の剣:

« 異なる面から考えてみること | トップページ | 理想的な試験とは »