フォト

フェルデンクライス・メソッドの教室:Awareness Through Movement


  • ☆毎週土曜日

    10:30〜12:00

    自由が丘駅南口徒歩1分のカルチャーセンターです。


  • ☆毎週月曜日

    12:15〜13:55

    ☆毎週金曜日

    10:30〜12:10

    渋谷駅徒歩7分のダンススタジオです。


  • ホームページはこちらへ !個人セッションの申し込みはメールでお願いします.

  • ☆個人セッション申し込み

    個人セッションのご予約はこちらから

カテゴリー

ランキング関連(応援ありがとうございます。\(^^)/)

無料ブログはココログ

« なぜ学びの場が必要なのか? | トップページ | 人は決まった態度を取り続けている »

時にはスランプに落ち入る事もあるよね。

Wizard01_1
楽しく魔法修行をしているふぇるでんでしたが、最近また落ち込み気味です。なんか、始めた頃の新鮮さがないな、これ以上やってもだめなのかななどと、ちょっと虚無感のような重い気分がします。そこで、また、大地とのつながりと再生という巻物を開いてみると

多くの学生はあるレベルまで上達しますが、それから、進歩が止まったり、さらには後戻りさえします。
これは、特有の周期で学習の全てのプロセスにおいて起こることです。

そのとき、我々の心に浮かぶ事は「もう長いこと研究してきたので、もう上達することはできないだろう」ということです。

そのとき、学習能力の「生まれながらの能力」の限界に達してしまったかのように、そして、わずかに洗練することだけが本当にできることだと、生徒と素人さんは思うようです。

ふーん、ということは続けていれば、時間が解決するっていうことかな?それとも、なにかやれることがあるのかな?
熟考、熟考、熟...熟睡 続く...

« なぜ学びの場が必要なのか? | トップページ | 人は決まった態度を取り続けている »

07.学び方を学ぶ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87383/11114383

この記事へのトラックバック一覧です: 時にはスランプに落ち入る事もあるよね。:

« なぜ学びの場が必要なのか? | トップページ | 人は決まった態度を取り続けている »