フォト

フェルデンクライス・メソッドの教室:Awareness Through Movement


  • ☆毎週土曜日

    10:30〜12:00

    自由が丘駅南口徒歩1分のカルチャーセンターです。


  • ☆毎週月曜日

    12:15〜13:55

    ☆毎週金曜日

    10:30〜12:10

    渋谷駅徒歩7分のダンススタジオです。


  • ホームページはこちらへ !個人セッションの申し込みはメールでお願いします.

  • ☆個人セッション申し込み

    個人セッションのご予約はこちらから

カテゴリー

ランキング関連(応援ありがとうございます。\(^^)/)

無料ブログはココログ

« 人は決まった態度を取り続けている | トップページ | 異なる面から考えてみること »

コンテストに出てみれば?

Wizard01_3
ふぇるでんはますます修行に励んでいます。本を読んだり、練習したり一生懸命なんです。でも、なんだか空回りしている感じがして悩んでいます。先生に相談すると、なんと!、魔法競技会に出場することを勧められました。「なんで、戦わなきゃいけないのかな?」なんて思って、学校のスランプ脱出法講座に出席してみました。そこでの講義はこのような内容でした。

このような状況が起こるとき、学生は
「理論と技術的な詳細にあまりにもこだわりすぎてるな」
とたいてい言われます。

運動性の下位中枢に対する意識的な抑制がある場合には、これは明らかにその通りです。そこで、多くの先生は、改善手段として競技会を勧めます。そして、このやり方はたいていとても効果的なのです。

感情的な緊張感が高くなればなるほど,自発的にコントロールして望まれた結果を効果的に達成できなくなります。そういうわけで、的を得た行動であれば障害を取り除きます。

授業が終わって外に出てみると、外は真っ暗です。暗闇の中、歩いていると突然、銃声が......ど、どうする、ふぇるでん、ライフカード!.........続く

« 人は決まった態度を取り続けている | トップページ | 異なる面から考えてみること »

07.学び方を学ぶ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87383/11137441

この記事へのトラックバック一覧です: コンテストに出てみれば?:

« 人は決まった態度を取り続けている | トップページ | 異なる面から考えてみること »