フォト

フェルデンクライス・メソッドの教室:Awareness Through Movement


  • ☆毎週土曜日

    10:30〜12:00

    自由が丘駅南口徒歩1分のカルチャーセンターです。


  • ☆毎週月曜日

    12:15〜13:55

    ☆毎週金曜日

    10:30〜12:10

    渋谷駅徒歩7分のダンススタジオです。


  • ホームページはこちらへ !個人セッションの申し込みはメールでお願いします.

  • ☆個人セッション申し込み

    個人セッションのご予約はこちらから

カテゴリー

ランキング関連(応援ありがとうございます。\(^^)/)

無料ブログはココログ

« 『分かるっていう感じ』星の会通信vol.5 | トップページ | 上半期のレッスンの日程のお知らせ »

自分の足は好きですか?

Kakato
足首の関節ってどこにあって、自分の足の踵はどこにありますか?足首の出っ張りに触ると内側と外側で高さが違いますよね。だいたい1センチ位内側の出っ張りが高いことが分かります。足首の関節はどちらの内部にあるのでしょうか?踵は足の裏の後ろの真ん中にありますか?

人は意識していなくても、自分の体の位置のイメージを持っています。そして、そのイメージ通りに動かして、それが習慣化されて、体の構造もイメージのように変わっていきます。

例えば、多くの方が右踵は右足首の真後ろにあると感じているのではないでしょうか?図をじっくりと観察するとはっきりしますが、実際は右足首より外側(右)にありますね。不思議な感じがしますか?

自分では気がつかないで、踵が足首の真後ろにあるとイメージしている場合は無意識に踵を内側に動かして固定します。足首の内返しっていう方向の動きですね。これが習慣化して自分では気がつかないまま日々の生活を送ります。足や膝や体の様々な部分に痛みを感じると、何かおかしいと思うのですが、どうしていいか分からずに湿布を貼って、ごまかしたりするわけです。

え、自分には関係ないって?歩き回って疲れきったりすると、足首をねじったりしませんか?ねじってしまう方向は足首が外側に倒れる方向じゃありませんか?

これって、疲れると、反射的に足首を習慣的な方向つまり踵を内側に動かして、力を抜く。すると、本来のバランスの位置にないので、体の重さでいっきにねじられて、痛、痛、ウギャーってなっちゃっているかもしれませんよ。(^^;)

ハイヒールを履いていると、さらに悲惨ですね。ハイヒールのヒールは本来の人体構造を無視して足の真ん中にあるので、ますます、この傾向を強めます。そして、足首をくじくと足首の筋肉を固めるので、ますます、足首が動かないようになって、バランスがとれなくなって...悪循環です。

足首が本来の柔軟さと軽快さを取り戻せば、歩くのが楽になるだけではないんですよ。バランスがよくなるので呼吸も楽になって声の質も変わります。そして、ジャンプ力も増します。

じゃあ、どうすれば足の適切な使い方を学べるのでしょうか。どこから始めることにしますか?フェルデンクライスメソッドのアイデアはなんでしょう?

なんと足首を内返しの方向に優しく動かすことなんです。

え、習慣的な方向じゃないかって疑問が当然あることでしょう。

矯正する方向に無理矢理動かして筋肉をストレッチするとほとんど変化は起きないでしょう。でもね、習慣的に動かしている方向に動くことを他動的に助ければ、神経系は筋肉を緊張させる必要がないことにすぐに気がつきます。そして、筋肉が緩み、長くなります。立ち上がると、意識的にそうしなくても、足は本来の位置にあることになることでしょう。


よみうり文化センターの4月期のフェルデンクライスメソッドの講座は足首の動きから体の動きを探ることをテーマに行っています。毎週1回定期的にレッスンができるので、より深いレッスンがやりやすいです。参加されているみなさんにレッスンでお話したレクチャーの概論をちょっとだけ書いてみました。文章にするのも役に立ちますか?

« 『分かるっていう感じ』星の会通信vol.5 | トップページ | 上半期のレッスンの日程のお知らせ »

心と体」カテゴリの記事

コメント

ハイハイ!とっても 参考になりました。
自分なりにやってみたいと思ってまーす
最近ちょっとさぼったら てきめん 痛みが。。。連休中にがんばりまふ

あ 質問!足首を内に返すってことは指先も右足なら左に動かすってことっすか?

おかしいハイヒールと外側とか分かります
awarenessが、方向つまり踵や他動的などをフェルデンクライスメソッドするの。


キャロさん、コメントありがとうございました。
足首の内返しとは右の足の裏が床についている場合は右足の親指側を床から持ち上げる方向の動きを言います。
このとき、右の足首は右に動きます。この動きを正確にすれば、右の足の親指を床から持ち上げないでやることが可能です。
優しく、楽な範囲で動かして見て下さいね。
そうそう、足の指を軽く引っ張りながら回す動きをしてから、足首の動きをするとやり易いかもしれません。
それでは、楽しいゴールデンウイークをお過ごしください。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87383/9641453

この記事へのトラックバック一覧です: 自分の足は好きですか?:

« 『分かるっていう感じ』星の会通信vol.5 | トップページ | 上半期のレッスンの日程のお知らせ »