フォト

フェルデンクライス・メソッドの教室:Awareness Through Movement


  • ☆毎週土曜日

    10:30〜12:00

    自由が丘駅南口徒歩1分のカルチャーセンターです。


  • ☆毎週月曜日

    12:15〜13:55

    ☆毎週金曜日

    10:30〜12:10

    渋谷駅徒歩7分のダンススタジオです。


  • ホームページはこちらへ !個人セッションの申し込みはメールでお願いします.

  • ☆個人セッション申し込み

    個人セッションのご予約はこちらから

カテゴリー

ランキング関連(応援ありがとうございます。\(^^)/)

無料ブログはココログ

« レッスンのお知らせ | トップページ | 人はバランスが取りやすいとき安定していると感じる! »

姿勢の構造の分類

Measuring_posture
例えば、Dは
トーナス(正常な筋肉の特性的な部分的な収縮の状態のこと)が欠けて、余分な緊張がある場合重心が図の直線より前に行って、体は倒れないように絶え間なく膝関節と頸椎、腰椎のカーブを過伸展している。きっと、足の指先は必要以上に体重を載せているのだろう。などと考察することができますね。そして、これらは「The Harvard University Chart」ハバード大学の姿勢の構造の分類としてまとめられています。

The_harvard_university_chart

« レッスンのお知らせ | トップページ | 人はバランスが取りやすいとき安定していると感じる! »

09.良い姿勢とは」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87383/9459178

この記事へのトラックバック一覧です: 姿勢の構造の分類:

« レッスンのお知らせ | トップページ | 人はバランスが取りやすいとき安定していると感じる! »