フォト

フェルデンクライス・メソッドの教室:Awareness Through Movement


  • ☆毎週土曜日

    10:30〜12:00

    自由が丘駅南口徒歩1分のカルチャーセンターです。


  • ☆毎週月曜日

    12:15〜13:55

    ☆毎週金曜日

    10:30〜12:10

    渋谷駅徒歩7分のダンススタジオです。


  • ホームページはこちらへ !個人セッションの申し込みはメールでお願いします.

  • ☆個人セッション申し込み

    個人セッションのご予約はこちらから

カテゴリー

ランキング関連(応援ありがとうございます。\(^^)/)

無料ブログはココログ

« 原点に還る | トップページ | レッスンのお知らせ »

出来事を過程として認識する

O
出来事を過程として認識することが重要だったりします。フェルデンクライス・メソッドでは機能をとらえていきます。ジェリー先生は機能とは簡単に説明すると英語では「機能はingをつけられるもの」って説明します。「機能についてもっと考える必要があるよね」とも言います。定義は明確ですがそれが何の役に立つのだろうって疑問があるかもしれません。ところが、ingをつけてみるという行為に役立つことがあったりしちゃいます。\(^^)/

日本語にingをつけても意味ありませんから、進行中の〜という句を補ってみましょう。例えば、机と腰痛はともに名詞です。「進行中の」机は意味が通じませんが、「進行中の」腰痛は意味が通じます。つまり、腰痛は機能です。名詞を動詞化すると主語をつけることができます。「私がボス」っていうことで主体性を回復して、私はコントロールする責任をもつことになります。

例えば、「腰痛もちだから」と言えば自分では変えようがない事実です。もちろん、自分ではどうしようもないものであれば、お医者さんに手術して治療してもらわなければなりません。でも、ほんとうにどうしようもないことなのか考えてみることはできます。これを「私は腰痛をしている」言い換えることができるでしょうか?さらに「私は腰に痛みを感じるように動かしている」と

このように発想を変えて行動の選択肢を増やすことができないかあれこれやってみることができます。私は腰に痛みを感じないように動けるか探ることも、腰に痛みを感じるように動かしながら他のこともできるか試すこともできます。あるいは、都合のいいときだけ腰に痛みを感じることもできるかもしれません。痛みは人を保護するために働くこともありますからね。

自分自身の体験と結びつき直して、関与している過程の中で自分が演じている役割を認知するように助けてあげることがポイントなんですね。単なる出来事を積極的な参加要素をもった機能にもう一度移し変えることで「私」が積極的な参加者としての役割を理解することを助けます。これにより、「私」はあらゆる範囲の選択手段と自分が行使できるコントロールをもっと容易に知覚することができるようになります。責任を他に任せた無力な立場から積極的な動作主になるように導くことで、自分自身の存在過程をもう一度管理するようにしていきます。

これは治療というより認識を変えていることになりますよね。自分が何をしているのかを知るということです。フェルデンクライスで気づきながらレッスンをして、レッスンが終わった後、無意識に何気なく体を動かしたとき、痛みがなくなっていればきっと良くなった思うでしょう。もちろん、意識しなくても今まで動かしていたやり方とは違うことでしょうね。

« 原点に還る | トップページ | レッスンのお知らせ »

09.発想と思考」カテゴリの記事

コメント

初めまして。表題が目に付いてお邪魔しています。ボクも腰痛では苦しみましたので関心あるのですが、精神的に抑えられる程度はまだまだ軽度なんでしょうね。がんなどの闘病でも似たようなこと言いますね。やはり物理的に原因を駆除するしかないというのが体験からの感想です。お互い健康も獲得するモノ、としてがんばりましょう。失礼しました。

初めまして、5151さん。コメントありがとうございました。
やりたいことがやれるように、お互い前向きに取り組んでいけるといいですね。これからも、よろしくお願い致します。

awarenessたちが、ネットで無力と、責任と日本語を治療しなかった。


コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87383/9202665

この記事へのトラックバック一覧です: 出来事を過程として認識する:

« 原点に還る | トップページ | レッスンのお知らせ »