フォト

フェルデンクライス・メソッドの教室:Awareness Through Movement


  • ☆毎週土曜日

    10:30〜12:00

    自由が丘駅南口徒歩1分のカルチャーセンターです。


  • ☆毎週月曜日

    12:15〜13:55

    ☆毎週金曜日

    10:30〜12:10

    渋谷駅徒歩7分のダンススタジオです。


  • ホームページはこちらへ !個人セッションの申し込みはメールでお願いします.

  • ☆個人セッション申し込み

    個人セッションのご予約はこちらから

カテゴリー

ランキング関連(応援ありがとうございます。\(^^)/)

無料ブログはココログ

« 世界を安定化させる | トップページ | 春一番 »

目が回る

ice_skatting
フィギアスケートの荒川静香選手の演技はまだ印象に残っています。素敵でしたね。日本テレビの番組「所さん目がテン」の2006年1月15日の放送された「所も回転!フィギュア」ご覧になりましたか?

フェルデンクライス・メソッドのATMレッスンで生理学的に何をしているのかをこれを例にして考えてみましょう。

「所さん目がテン」を見ていない方は以下のアドレスからライブラリーを見て下さいね。

http://www.ntv.co.jp/megaten/library/date/06/01/0115.html

高速に回転する椅子に座って目が回るか実験していました。目が回っているかどうかは、他人からは眼球がブルブル揺れているかどうかで観察できます。これは、生理学的に言えば「眼振」と呼ばれる現象です。

以下引用...体が回転しだすと、耳の中の三半規管にある「クプラ」という平衡感覚を司る部分が傾きだします。すると、それにつられて眼球も横に動き出してしまうのですが、眼球自体は、元の場所に戻ろうとするので、眼球がブルブルと振動してしまうというわけなのです。...引用終わり

普通の人であれば目が回ってしますのですが、オリンピック代表選手の村主章枝さんの妹さんで、フュギュアの選手である村主千香さんはまったく目が回らなかったのです。日頃の訓練で、高位の脳から目の動きを止める指令がでて眼振しないようにできるようになっていました。高速で回転中でも周りにいる人の顔が判別できるほどです。すごいですね。

ところが、日頃のジャンプやスピンと逆方向で回転すると、普通の人と同じように眼振してしまいました。

これは反射をより高位の脳の働きで抑制することが学習で獲得されることの分かりやすい例となっていると思います。人間の可能性を示す、すばらしい例ですね。

ところで、ある種の学習障害の改善に役立つ療法があることを聞いたことがあります。詳しくは知りませんが、回転椅子に座って、回転してもらうというものです。ひょっとしたら、ここらへんに関係しているものかもしれません。どなたかご存知ですか?

直立姿勢で姿勢の良さを判断する基準に回転のしやすさがあります。回転テーブルの上に立って回転しやすいほど姿勢が良いとして測定するものです。力学的に言えば慣性モーメントを最小にするほど姿勢が良いということですね。
姿勢調節の良し悪しを考えるとき、回転のしやすさはとても重要な要素になります。

« 世界を安定化させる | トップページ | 春一番 »

09.良い姿勢とは」カテゴリの記事

コメント

慣性モーメントとか、良い現象と、他人を観察しなかった?


感覚統合療法のことですか?
回転いすに座って…やる人もいますが、それなりの遊具を用いて前庭刺激を入れるのが一般的です。目的も前庭ー眼球運動系を促通するばあいと、前庭ー脊髄系を促通し、筋緊張の調整を行う場合と、ほか目的に応じて刺激の入れ方を変えていきます。

感覚統合療法でやることなのですか。知りませんでした。ありがとうございます。こんどお会いしたときに詳しく説明していただけますか?お願いします。m(_ _)m とても興味があります。

ところで、姿勢制御の反射を書く前に、姿勢の測定についてブログに書いておこうと思うのですが、現在の姿勢の評価基準ってどうなっているのかご存知ですか?姿勢が良いとか悪いとかのことなんですけど。

うーん、姿勢評価ですか?いろいろですね.
基本は、解剖学的基本肢位とか、運動学的基本肢位をもとにしていると思います.
立位バランスの良さを側方と前後方向から評価したりとか・・・
でしょうか。

うーん、姿勢評価ですか?いろいろですね.
基本は、解剖学的基本肢位とか、運動学的基本肢位をもとにしていると思います.
立位バランスの良さを側方と前後方向から評価したりとか・・・
でしょうか。

yamagiwaさん コメントありがとうございます。m(_ _)m
最近古典を探っているので、現代はどうしているのか知りたかったのです。古典的な生理学に重要な情報が沢山あるとは考えているのですが、一方では既にみんな知っていることで、わざわざブログに書く必要はないんじゃないかなと疑問に思ったりもしてます。直接、話しているのならフィードバックがあるのでわかるのですけどね。(^^;) うーん、迷ってしまいます。

とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87383/8908848

この記事へのトラックバック一覧です: 目が回る:

« 世界を安定化させる | トップページ | 春一番 »