フォト

フェルデンクライス・メソッドの教室:Awareness Through Movement


  • ☆毎週土曜日

    10:30〜12:00

    自由が丘駅南口徒歩1分のカルチャーセンターです。


  • ☆毎週月曜日

    12:15〜13:55

    ☆毎週金曜日

    10:30〜12:10

    渋谷駅徒歩7分のダンススタジオです。


  • ホームページはこちらへ !個人セッションの申し込みはメールでお願いします.

  • ☆個人セッション申し込み

    個人セッションのご予約はこちらから

カテゴリー

ランキング関連(応援ありがとうございます。\(^^)/)

無料ブログはココログ

« 学び方を学ぶ〜過程に着目する02 | トップページ | Shall we dance? »

学び方を学ぶ〜機能ってなんだろう?03

フェルデンクライスメソッドを使うとき、機能という考え方が役にたつと思うのです。で、機能ってなんだろう?とりあえず、手順や操作という具体的なものとして考えておいたほうが理解し易いですね。動きに関して言えば、歩いたり、泳いだり、呼吸したり、見たり、飲み込んだりする動作ということです。

赤ちゃんのように仰向けに丸くなって寝ているとします。その状態から寝返りしてうつ伏せになるためには、大雑把に言って反ることが必要ですね。この動作を繰り返せば、丸まったり、反ったりすることを繰り返すことになります。つまり、伸筋群と屈筋群を交互に使うことになります。

すごく単純化してしまえば、寝返りは伸筋群と屈筋群の連動(coordination)することといえます。赤ちゃんが成長して立ち上がるには体が丸まってから反ることが必要ですから、この伸筋群と屈筋群の連動という機能がいずれ使われるための準備になっていると言えるわけです。機能的な見方として重要なことは立つという静的なものではなく座っている状態から立っている状態の移行という過程をとらえることがポイントです。

この機能を取り出して改善すれば、より優雅に立つことができるようになるでしょう。そして、これは根本的な機能ですから、この機能を使う他の多くの日常生活に役立つことでしょう。これが機能解析でいう最小機能単位の習熟という学び方になります。

それでは、この考え方を使った具体例です。
ボートを漕ぎたい人がいれば、どんな機能を必要としているか考えます。ボートを漕ぐこと想像したり、実際にやって見てもらったりして、機能解析してみます。何を使えるのか?体を反ったり丸るめたりことだ。そして、寝た状態なら反ったり丸るめたりしやすいのか?それとも座った状態ほうがやりやすいのか?その人が受け入れ易くてやり易いものから始めることにします。

え?受け入れ易さから言ったらアイスクリームをなめる動作の方がいいって!確かになめる動作は反ったり丸めたりしますものね。甘ーいアイスクリームをなめながら楽しくレッスンしたら、ずーっと効果が上がることでしょうね。
フェルデンクライスの天才的なところはその人の感情や精神も丸ごと全体を尊重してエレガントな方法を生み出すところにあります。

うーん、文章でなんとか伝えようと単純に整理してますが、単純化しすぎの感じもかるかな。ちょっと反省して次回からはアイスクリームを食べながら書くことにしようっと(^^)/”。


Relation0130

« 学び方を学ぶ〜過程に着目する02 | トップページ | Shall we dance? »

07.学び方を学ぶ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87383/8436786

この記事へのトラックバック一覧です: 学び方を学ぶ〜機能ってなんだろう?03:

« 学び方を学ぶ〜過程に着目する02 | トップページ | Shall we dance? »