フォト

フェルデンクライス・メソッドの教室:Awareness Through Movement


  • ☆毎週土曜日

    10:30〜12:00

    自由が丘駅南口徒歩1分のカルチャーセンターです。


  • ☆毎週月曜日

    12:15〜13:55

    ☆毎週金曜日

    10:30〜12:10

    渋谷駅徒歩7分のダンススタジオです。


  • ホームページはこちらへ !個人セッションの申し込みはメールでお願いします.

  • ☆個人セッション申し込み

    個人セッションのご予約はこちらから

カテゴリー

ランキング関連(応援ありがとうございます。\(^^)/)

無料ブログはココログ

« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »

星の会通信

hosinokai
『星の会』でのレッスンは年内は昨日で終了でした。参加していただいた皆様ありがとうございました。また、この会を運営には、多くの方に協力していただきました。本当にありがとうございます。

年内は入門としてフェルデンクライス・メソッド基本的なレッスンを3回行いました。
初めてフェルデンクライスメソッドを体験する方々のために基本的なテーマとして考えていたことは
『リラックスすると認識する能力が高まるということを実感していただこう』ということでした。

これって単純なことですね!でも、生活の中でこの知識を生かそうとするといろいろな角度から繰り返し練習する必要があります。

 3回のそれぞれのレッスンのテーマは目を自由に動かすことで全身を楽にねじることができるようにしたり、体を丸くして背中の不必要な筋肉の緊張をゆるめたり、肩こりを楽にするために肩の動きの方向を識別できるようにするレッスンでした。

例えば、楽に体を丸めることは普段、緊張ばかりしている抗重力筋をリラックスして、腰痛などの痛みの改善やいったん弛んだ抗重力筋が活力を取り戻すことで姿勢のバランスを改善すること、むろん身体をまげやすくなることなどの変化を感じられます。そして、これ以外にも変化や違いを感じられたことでしょう。

そうですね...普段の生活で疲れきったりするとよく身体を丸めて座ったりするものですよね。精神的なストレスでも背中を丸めて歩いたりするものです。そして、不安なときに丸くなって寝た経験のある方もいらっしゃると思います。丸くなることは安全で安心な感じをもたらすのではないのでしょうか。肉体的にも丸くなることは柔道などの受け身のように安全に倒れる状態を作り出しますが、感情的にも安心感を感じませんか。みずから、楽に丸くなることを助けて楽しむことで、ふっと一息ついて、すっきりして身体を伸して帰っていただく、そんなふうな安全で安心できる状況つくれるようなレッスンの構成を考えてみました。いかがでしたか?

参加された皆さんが回を重ねるごとに動きの滑らかさと優雅さが増していくことは眺めていても楽しいかったです。そして、レッスンが終わって立ち上がった様子は大きな変化を見せていて、皆さんの感受性の深さに拍手を送りたい気分でした。

それぞれのテーマは練習を重ねることでより深く広く展開していきます。思い出せる動きは思い出してイメージを利用しながらぜひやってみてください。

皆さんの来年が幸多い年でありますように...
と今年を締めくくりにはまだ早いかな?

フェルデンクライスの脳と体のエクササイズ

book
久しぶりのフェルデンクライス・メソッド関連の新刊本ですね。著作名は「フェルデンクライスの脳と体のエクササイズ」原題は「リラクサイズ」。とても分かり易い入門書です。次に上げる10個のテーマとそれを理解する為のエクササイズから構成されていて、さらに、このエクササイズを組み合わせて身体の特定の不快症状を解消するように工夫されています。

1しなやかで楽なからだ
柔軟性を高め、今よりもずっと自由に動けるようになるための方法を学びます!

2腰をやすらかに
慢性的な腰の張りからあなたをすぐに解放します!

3健康な背骨
背骨の健康と柔軟性を取り戻し、椅子に座る時間の長い生活を楽にします!

4肩を楽に
体のもっとも問題の起きやすい部分から緊張や不快感を取り除き、可動範囲を拡げます!

5パワーの中心
もっとも力強い筋肉を使えるようにして動きやすさとより良い姿勢を学びます!

6からだのつながり
重力を利用してバランスをとる簡単な方法を学び、首、上体、腰の柔軟性を高めます!

7ゆったりした呼吸
深く充分な呼吸ができるようになると姿勢が良くなり活力も向上します!

8足を柔軟に
足の自然な柔軟性やしなやかさを回復する方法を学びます!

9顔とあごのエクササイズ
若々しく、リラックスした表情に!顔とあごの緊張を取り除くための簡単で効果的なエクササイズ!

10楽に目を使う
視覚は一番大切な感覚です。緊張を減らし、もっと楽な目の使い方を学びます!

著作者の一人のマーク・リースはフェルデンクライス博士のサンフランシスコのトレーニングでオーガナイザをつとめた方ですね。
書店にない場合は注文できますが、直接出版社の晩成書房にメールで注文すれば送料、代金引き換え手数料無料で数日で送ってくれます。定価は2000円(税別)

http://www.bansei.co.jp/

« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »