フォト

フェルデンクライス・メソッドの教室:Awareness Through Movement


  • ☆毎週土曜日

    10:30〜12:00

    自由が丘駅南口徒歩1分のカルチャーセンターです。


  • ☆毎週月曜日

    12:15〜13:55

    ☆毎週金曜日

    10:30〜12:10

    渋谷駅徒歩7分のダンススタジオです。


  • ホームページはこちらへ !個人セッションの申し込みはメールでお願いします.

  • ☆個人セッション申し込み

    個人セッションのご予約はこちらから

カテゴリー

ランキング関連(応援ありがとうございます。\(^^)/)

無料ブログはココログ

« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »

うさレッスン中!

フェルデンクライスのレッスンは
気楽に気持ちがいい感じで動かすことだそうで...
なんか不思議な感じ...
usa051024

うさ登場!

usa051010
うさにフェルデンのATMレッスンを体験してもらいました....

腕と肩の努力感のない使い方を開発しよう!0101

shoulders
1 仰向けに寝てください。両腕を体の両脇の床におきます。そして、両手が骨盤に近づくように両肘をまげて、手のひらを下向きにします。

両手の手のひらを床においたまま、右肘を上げて下ろします。これを繰り返します。何度も繰り返して徐々に軽く速く動かしてみましょう。

呼吸は自然に続いていますか?案外、この姿勢で肘を上げ下げすることは難しく感じるかもしれませんね。大きな動きをする必要はありません。楽な範囲で動かしてみます。肘を床に戻す時は完全に肘を床に下ろすことが大切です。

右肩を上げて下ろします。これを繰り返してみましょう。

もう一度右肘を上げて下ろします。やはり、繰り返してみます。最初の時と動きに違いがありますか?

右肩を10回素早く上げ下げします。

右肘を10回素早く上げ下げします。

休みましょう。腕や肩の感じが左右で違いますか?床との接触に何か変化を感じられますか?

2 仰向けで1の最初の姿勢に戻ります。
両手の手のひらを床においたまま、両肘を上げて下ろします。何度も繰り返して徐々に軽く速く動かしてみましょう。

両肩を同時にとても素早く上げて下ろします。繰り返しましょう。

両肩を左右交互に上げて下ろします。10回繰り返します。

両肘を左右交互に上げて下ろします。10回繰り返します。

両肘を同時に上げて下ろします。繰り返しましょう。

休みましょう。

3 仰向けで1の最初の姿勢に戻ります。
顎が胸に近づくように首をまげて、楽な範囲で頭と首と胴体を床から持ち上げます。そして、戻します。これを繰り返します。

この動きを10回素早く繰り返します。

今度はこの動きを頭と首と胴体を床から持ち上げて、ちょっと止めてから戻す動きを繰り返します。

首を緩めてなされるがままの状態にして頭が後ろにぶら下がり、頭が床の上を滑るのにまかせて、上体を少し床から持ち上げます。後頭部は床に触れたままです。戻してそしてこの動きを繰り返します。

もう一度、頭は床の上に滑るように、上体を床から持ち上げて、さらにこの動きを続けて頭が床から浮くまで上体を持ち上げます。戻してそして繰り返します。

では、10回素早くやってみます。

頭と上体をまっすぐに持ち上げて恥骨を見ます。戻して、繰り返します。

では、5回素早くやってみます。

じゃあ、もう一度繰り返して、頭を持ち上げてちょっと止めて戻します。

頭が床の上で滑るように頭をぶら下げたまま、上体を持ち上げます。上体を持ち上げ続けて、そして、頭が床から浮かんだときに、頭を持ち上げて恥骨を見ます。戻してそして繰り返します。

両手は床においたまま、頭と胴体とそして両肘を持ち上げます。戻して、繰り返します。

休みましょう。

続く.....

美しく優雅な姿勢とは

Feldenkrais

「良い姿勢のすばらしい判断基準とは

良い姿勢と精神と肉体の平穏さの釣り合いを一般的に結びつけて考えることです。

過度な筋緊張や感情の激しさは良い姿勢と共存しないからです。」

 モーシェ・フェルデンクライス

"The common association of good posture with poise--mental and physical tranquility--is an excellent criterion--neither excessive muscular tension nor emotional intensity is compatible with good posture."
        Moshe Feldenkrais

« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »