フォト

フェルデンクライス・メソッドの教室:Awareness Through Movement


  • ☆毎週土曜日

    10:30〜12:00

    自由が丘駅南口徒歩1分のカルチャーセンターです。


  • ☆毎週月曜日

    12:15〜13:55

    ☆毎週金曜日

    10:30〜12:10

    渋谷駅徒歩7分のダンススタジオです。


  • ホームページはこちらへ !個人セッションの申し込みはメールでお願いします.

  • ☆個人セッション申し込み

    個人セッションのご予約はこちらから

カテゴリー

ランキング関連(応援ありがとうございます。\(^^)/)

無料ブログはココログ

« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »

フェルデンクライスメソッドの講座

coach
急に秋めいてきましたね。ドラゴン桜も電車男もいよいよ最終回。ちょっと寂しい季節...でも新しいことを学ぶにはぴったりの季節でもありますね。\(^^)/

さて、よみうり文化センター自由が丘のフェルデンクライスメソッドの講座についてのお知らせです。

10月期は10月1日より12月10日まで(全11回)
毎週土曜日10:30〜12:00
場所は自由が丘駅より歩いてすぐの よみうり文化センター自由が丘
詳しくはこちらをご覧ください。
http://www.ync-jiyugaoka.ne.jp/

チャンスはいくらでもありますが、行動するのはいつも今!というわけで、今度の秋はフェルデンクライスを始める秋にしてみませんか(^^)/

素敵な表情は心まで穏やかにする

laughing
表情が硬いよと直接的に言われてもどうしようもないことってありますよね。反射的な答えで出てくるのはあーだこうだという言い訳ぐらいです。でね、表情をリラックスするためのレッスンを紹介しちゃいましょう!

 顎と唇と舌のレッスン

ATM 両手で左右の耳の後ろの骨から耳の周りを前に辿り、上顎へ辿ってから、顎関節へそして下顎の顎先まで辿る。下顎の裏をやさしく指で深く探り舌を感じる。顎先の形は人によって違って興味深い。下顎に手のひらを当てて動きを感じながら、顎の開閉、左右、前後の動きをする。

顎の前後の動きをするときに同時に開閉してしまう人がいるが、前後の動きだけを行い分化すること。立ち上がり、唇は閉じていても顎が弛ませたままでいられることを確認する。
FI ATMと同じことをFIとしてやる。顎はクライアントに動かしてもらう。

ATM 舌で歯の数を数える。
二人組になり、一方は舌を動かした時に顎を動かしていないか観察して指摘してあげる。

ATM 指で上唇を裏返す。次に下唇を裏返す。指を使わずにやる。上唇と下唇を同時に裏返す。上唇と下唇を細くして唇が外から見えないようにする。上下唇を裏返して太くしたり、逆転して細くしたりする。
二人組になり、一方はどうしているか観察する

テッシュペーパーを用意して
ATM 舌を顎先へ伸す。鼻先へ伸す。回転する。頭の方を回転する。顎先に指を横において指に舌先を届くようにして、指を徐々に顎先へ、胸骨へ、床へもっていく。鼻の下に指をおき同様にやる。
二人組になり、一方は変化があるか観察する。

ATM 舌をテッシュペーパーで挟んで伸す。舌は筋肉であることを考えて徐々に舌の力を抜く。

2004年8月29日5日目ミア・シーガルアドヴァンストレーニングの私のノートからの抜粋です。例のノートの取り方で家で書いたノートの一部から紹介でした。思い出す技術としては重要ですが、本質的なことではないので、省略しましたが、テッシュペーパーを変えた数や組んだ人の表情などを手がかりとして思い出して書いています。今読み返しても不思議なことにそういったことがその場の情景を蘇らせませます。どうでもいいようなデイテールが重要だったりするんですね。

ノートの取り方

note
ドラゴン桜を見ていてふっと思ったことなんですが、ノートの取り方ってどうしていますか?ドラゴン桜ではトニーブザンのマインドマッピングが取り上げられていましたね。前回はジャン・ピアジュの知能の発達段階のネタが使われていましたね。いずれも受験業界では常識?なのかな。まあ、多くの受験生が試したり考えたりしたことがあることでしょうね。ちょっと懐かしい気がします。

普通ノートを取るというと、黒板を写したり、先生がしゃべることを書いたりすることです。これとは違うノートの取り方を紹介しちゃいましょう。

実はこのノートの取り方って、モーシェ・フェルデンクライスが言っていたやり方で、私はワークショップに参加したりした後などで使っているノートの取り方です。

やり方は簡単です。 

 その場では書かずに家に帰ってから思い出して書く

日記を書くみたいなものですが、特定の授業や出来事にしぼって思い出して書いてみるわけです。予想以上に思い出せるものですよ。

このノートの取り方は体験的な授業の記録には特に役立つものだと思いますが、他の状況でも試してみる価値はありますよ。自分がどのように思い出すか気がついたりしてね。

このノートの取り方をやってみると必要なときに体験したことあるいは動きを言語化することの助けになると思います。知識を整理すること、そして記憶力の向上あるいは思い出すことの練習にもなります。

今回はオチが無いな〜まあ、受験生にとっては落ちがないほうがいいか...

ホワイトバンド

grid-cocolog
いろいろ考えると躊躇するところもありますが、ホワイトバンドつけちゃうことにしました。世界中の人たちがみんな豊かに生活できるといいなと思いますが...うーん、いろいろなことを考えるきっかけになります。

http://blogs.yahoo.co.jp/whitebandproject/

« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »