フォト

フェルデンクライス・メソッドの教室:Awareness Through Movement


  • ☆毎週土曜日

    10:30〜12:00

    自由が丘駅南口徒歩1分のカルチャーセンターです。


  • ☆毎週月曜日

    12:15〜13:55

    ☆毎週金曜日

    10:30〜12:10

    渋谷駅徒歩7分のダンススタジオです。


  • ホームページはこちらへ !個人セッションの申し込みはメールでお願いします.

  • ☆個人セッション申し込み

    個人セッションのご予約はこちらから

カテゴリー

ランキング関連(応援ありがとうございます。\(^^)/)

無料ブログはココログ

« 肩こりをなんとかするには | トップページ | ホワイトバンド »

幸せ感と肋骨の自由な動き

ribcage
体の動きと感情は思った以上に密接な関係を持っています。心配ごとや悩み事があれば、確かに背中に荷物を背負ったかのようにうつむきながら歩いたり、座ったりしていることが多かったりします。それで、胸をひらき姿勢をよくして気分を変えようとかします。何か気分転換に体の体勢を変えることは効果的なことがよくあります。伸びしたりしたり、深呼吸したりしてね。呼吸も体の動きで呼吸のたびに体勢が変わりますよね。世間で呼吸法が流行る理由のひとつは呼吸で感情を変えたり、思考を沈静化するためなのかもしれません。

それで、いつも姿勢を良くしようとか、こんな呼吸の仕方をしなきゃならないとかいう強迫的な行動が習慣化したりすることってあります。

で、ちょっと考えてみたりするんです。一般的に姿勢が良いといわれる西洋人は心配ごとはないのか?ってね。もちろん、そうではないですよね。ここで、本当は姿勢と感情は関係ないかもしれないとか、西洋人は本当は姿勢が良くないのではとかあるいは、背中が丸まっているときは幸せな感じを感じないのか?とかいろいろ質問を上げてみます。それで、自分でいろいろやってみたりしてこの疑問に答えていくわけです。体験を通して学ぶということですね。
このやり方って、まだるこっしくて、難しいとか早く結論を教えろってよくいわれるのですが、自由を育むやり方だと思いませんか?思った以上に効率的に知りたいことが身に付いたりします。個人的にはこのあーだこーだと試してみることもフェルデンクライスメソッドの一部だと思っています。

でも、とりあえずの結論が欲しいって?
それじゃあ、単純に言ちゃいましょう!

肋骨が柔軟になりあらゆる方向に動けるようになると幸せ感とつながりやすい。

てことです。

じゃあ、どうやって?と言われるとフェルデンクライスメソッドをやるといいですよ、

て我田引水を始めちゃうわけですね。

« 肩こりをなんとかするには | トップページ | ホワイトバンド »

心と体」カテゴリの記事

コメント

ミア先生に、西洋人みたいな立ち方といわれたanjuです。
よく、バレエとかやってるの?っ聞かれ、
背中がまっすぐだったのです。
今回のセグメントで、大分、その辺の感じが変わり、
楽チンになりました。

ほおっておくと、ぎゅっと背骨周辺と胸部に力を入れていて、
お、いかんいかんと思い、床にゴロゴロします。
前の姿勢の時には、胸を張って
「よし! かかってこい!」みたいな感じだったのかな(笑

anjuさんコメントありがとうございます。コメント楽しく読ませていただきました。すごく、わかります\(^^)/

学んで忘れてまた学び直して、本当に新しいことが身につけられるのかなって思います。

きっと、そういうやり方で学んだことは他の人にも役立てられるんでしょうね。(^^)/”

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87383/5631105

この記事へのトラックバック一覧です: 幸せ感と肋骨の自由な動き:

« 肩こりをなんとかするには | トップページ | ホワイトバンド »