フォト

フェルデンクライス・メソッドの教室:Awareness Through Movement


  • ☆毎週土曜日

    10:30〜12:00

    自由が丘駅南口徒歩1分のカルチャーセンターです。


  • ☆毎週月曜日

    12:15〜13:55

    ☆毎週金曜日

    10:30〜12:10

    渋谷駅徒歩7分のダンススタジオです。


  • ホームページはこちらへ !個人セッションの申し込みはメールでお願いします.

  • ☆個人セッション申し込み

    個人セッションのご予約はこちらから

カテゴリー

ランキング関連(応援ありがとうございます。\(^^)/)

無料ブログはココログ

« ちょっと一息\(^^)/ | トップページ | 幸せ感と肋骨の自由な動き »

肩こりをなんとかするには

mail

肩が凝っていたり、肩から首筋が痛かったりすることってあります。重い責任やストレスを抱えていると首から肩にかけてガチガチなんてこともありますよね。肩を楽にするにはどうしたらいいのかな?o(^o^)o

で、肩がどの方向にも自由に動けば肩こりはなくなるじゃないかなと単純に考えてみます。
それじゃ確かめちゃおうかなっと、横向けにねてみます。楽にいられるように頭の下には枕を入れて、両膝はまげて重ねます。

天井側の肩を前後に動かしてみます。そして上下につまり耳と骨盤の方向に交互に動かします。さらに、肩で円を描きます。ここで肩を動かすという動きは鎖骨そして肩甲骨を肋骨の上を滑らすことです。さて、呼吸と動きの関連はどうでしょう?

例えば、肩を前後に動かしているときに本当に前後に動かしているのか感じとります。自分では前後のつもりでも実際は違う方向に動かしているかもしれません。肩甲骨から背骨や首へ走っている筋肉が自由に緩められたら、思うように肩を動かせるのでしょうね。実際はどうなんでしょう?

それで、誰か他の人がいれば、その人に肩甲骨を触ってもらって動きの方向を知る助けをしてもらうわけですね。

ところが、触って確かめようとしても案外、肩甲骨ってわかりにくいものだったりするわけです。

じゃあ、どうやれば、触って肩甲骨を感じ取れるかという秘訣です(^^)/

指先でグリグリやるんじゃなくて、肩甲骨の縁が感じ取れない場所に来たら、その人自身に自分で肩を動かしてもらうと、

あら不思議!(。v_v)ポッ♪

さっきまでわからなっかった肩甲骨の縁が感じ取れるじゃああり〜ませんかというわけです。

これで、借金は返せなくても首はまわるようになって、いいアイデアが浮かぶといいですね(^-^)

ではでは、仙川発信のフェルデンクライス通信でした。(^^)/”

« ちょっと一息\(^^)/ | トップページ | 幸せ感と肋骨の自由な動き »

心と体」カテゴリの記事

コメント

好奇心の翼さんのキラキラ光る瞳の中にあるものは、こーんなワールドだったのか。
健康骨。。。
お、変換したらいい文字でたよ。
これやると肩が楽になる上に
ものすごく良く眠れるもんね。
こっちの文字もぴったりだ。

コメントありがとうございました。\(^^)/
健康骨いいですか。健康の鍵になる骨ってことかな?
いいネーミングですね。そういえば、肩甲骨もぐるぐるとまわせるから、それで健康になるための扉を開くことができるなんてね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87383/5439393

この記事へのトラックバック一覧です: 肩こりをなんとかするには:

» ブログの可能性 [ダンサーズイメージ]
 フェルデンクライスだけでも、いくつかのブログがあって読んでいて楽しい。よく知っ [続きを読む]

« ちょっと一息\(^^)/ | トップページ | 幸せ感と肋骨の自由な動き »