フォト

フェルデンクライス・メソッドの教室:Awareness Through Movement


  • ☆毎週土曜日

    10:30〜12:00

    自由が丘駅南口徒歩1分のカルチャーセンターです。


  • ☆毎週月曜日

    12:15〜13:55

    ☆毎週金曜日

    10:30〜12:10

    渋谷駅徒歩7分のダンススタジオです。


  • ホームページはこちらへ !個人セッションの申し込みはメールでお願いします.

  • ☆個人セッション申し込み

    個人セッションのご予約はこちらから

カテゴリー

ランキング関連(応援ありがとうございます。\(^^)/)

無料ブログはココログ

« リラックスするということ | トップページ | 心配する心と心配している体 »

パンツをはく型

pants
昨日、ドラゴン桜を見ていたら、「型にはめるな!」って言ってました。久しぶりにこの台詞聞いた気がします。学ぶ=真似ることから始めるってわけですね。最近のゆとり教育の揺り戻しみたいで面白いですね。一昔前ほど学歴重視社会ではなくなったから、受験勉強のやり方の総括をしようとしているのかなと思って面白く見ています。

型ってなんだろう?そうですね...パンツをはくことから考えてみましょうか。パンツは足から穴に通しますか、それとも頭から、たぶん足からですよね。穴が頭を通すためには小さすぎますから。

パンツをどのようにはきますか?右足からそれとも左足から足を通しますか?いつも同じなら、いつも片側に重心をかけて立っているのかもしれませんね。普段の無意識の習慣に気づくかも...パンツは両手でもってはきますか?

片手を怪我していれば片手しか使わないかも。バランスをとりにくくなってパンツをはくことがとたんに難しくなるでしょう。でも、普段使わない部分を動かすことになって、バランスがよくなるかもしれません。

例えば、古流武術で居合ってありますよね。畳の上に座った状態から日本刀を抜刀をする型があります。これって、実戦では立ち上がって戦うからこんな練習をしても役に立たないということはないわけです。座ることで刀を抜きにくくなりますから、習慣的には使わない体の動かし方をしなければならなくなります。そこで、新しい体の使い方を学ぶことができるわけです。きっと、普通に抜刀すればもっと速くなるということなるのでしょうね。

この意味では型とは制限をつけることで、新しい可能性を導きだすものということができますね。

さて、パンツをはくことを新しく学び直せば、逆にパンツを早く脱ぐことができるようになります。これって、重要なこと...です?

« リラックスするということ | トップページ | 心配する心と心配している体 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

パンツをはく~~ 考えてはいたことありませんでした。
人間 無意識のうちにやっていることって多いですね。
今はうちのうさぎが何を考えてるか 一番知りたいです

コメントありがとうございます。ブログ拝見させていただきました。かわいいウサギですね。うちのふぇるでんももう少しかわいらしい言葉をしゃべるといいのですけど。(^^)/

お!!トップ画面が変わりましたね~~
かわいいです
時計もついてるし、ペットも増えましたね。
がんばってください

ちぃちぃさん、いつも応援ありがとうございます。
ちょっと、環境を変えるっていいもんですね。これからもよろしくお願いいたします。\(^^)/

はじめまして,甲野先生の古武術に興味があり,フェルデンクライスのレッスンにも参加しているほやです.

パンツのはき方をはじめ,日常何気なく行っていた動作を改めて見直そうと思いました.

はじめまして、ほやさん。
TBとコメントありがとうございます。

インターネット上でフェルデンクライスのお仲間と知り合いになれて、とっても嬉しいです。\(^^)/

ブログでフェルデンクライスや他の事柄を通して輪が広がっていくといいな!と思っています。

これからも、よろしくお願いいたします。

こちらこそよろしくお願いします.

もしかしたら来年度(今年度は修論で忙しいので・・・)ATMを受けさせていただくことがあるかもしれませんが,その際はよろしくお願いします

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87383/5235538

この記事へのトラックバック一覧です: パンツをはく型:

« リラックスするということ | トップページ | 心配する心と心配している体 »