フォト

フェルデンクライス・メソッドの教室:Awareness Through Movement


  • ☆毎週土曜日

    10:30〜12:00

    自由が丘駅南口徒歩1分のカルチャーセンターです。


  • ☆毎週月曜日

    12:15〜13:55

    ☆毎週金曜日

    10:30〜12:10

    渋谷駅徒歩7分のダンススタジオです。


  • ホームページはこちらへ !個人セッションの申し込みはメールでお願いします.

  • ☆個人セッション申し込み

    個人セッションのご予約はこちらから

カテゴリー

ランキング関連(応援ありがとうございます。\(^^)/)

無料ブログはココログ

« フェルデンクライスメソッドの講座 | トップページ | 思っていることと実際に起きていること »

机の上に立ち上がって世界を眺める

vision
nabeさんコメントありがとうございます。このやり取りのお陰で書き続けることがしやすいです(^^ゞ サポートに感謝いたします。m(__)m

映画を思い出すとき、映画を見たときの状況とともに思い出されることは面白いですね。私もこの映画について語ろうとしたとき、見たときの状況の思い出がいろいろ想起されました。意識的には映画に焦点が当たっていたと思いますが、バックグラウンドの方がはっきり覚えているということは私もよくあります。そのときに焦点を合わせていたものの方がよく覚えていそうな気がしますが、実際はそうでもなさそうです。

自分にとって映画が大事なのかバックグラウンドが大事なのか?もちろん両方でしょうけど、体験の記憶がどのようにされているのかは興味深いことですね。

さて、机の上に立ち上がってみましょうか。いやいや、まず、立ち上がるまでの過程に注意を向けてみましょう(^o^)丿

いきなり机は高いので椅子の上に立ち上がることから始めて見ます。このときに下腹部の動きと呼吸に注意を向けながら、下腹部を緊張させずに呼吸を止めないように机の上に立ち上がっていきます。

フェルデンクライス博士も書いていますが、靴を履いているときは座面に新聞紙をひいておいたほうが家庭不和を引き起こさずにすみます。いや〜世界を別の方向から眺めるのは大変なことなんですね。(^o^)

でも、困難を超えて(^o^)注意深く観察すると力の伝達としての丹田の機能がはっきりするかもしれません。もっと、ダイナミックなレッスンならフェルデンクライスメソッドには椅子に飛び乗るATMもありますね。私は忍者になるためのレッスンって呼んでいるのですけど、軽身巧のトレーニングになりそうなものです。

この手の体験をすると何か思い出すのでしょうか?

バリヤーフリーでなくても、つまずかなくなる実効性、ダンスやバスケ、それとも小さい頃に木の上や高いところに無性に上りたかったあのころ、まだ小さかった頃に誰かにたかいたかいをやってもらった遠い記憶でしょうか?それは呼吸と関連がありますか?バランスや安心感と繋がる何か?

習慣から離れ、いったん世界を別の見方で見ることで本当に自分のやりたいことに気づくあるいは自分の奥の欲求に繋がることで、それに従って行動する。それが今を生きるってことなのかもしれませんね。

« フェルデンクライスメソッドの講座 | トップページ | 思っていることと実際に起きていること »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

「いまを生きる」その後です。ヴィデオを借りに行きました。まずどこにヴィデオ屋があるか探すことからです。私は車にも乗りますが、少なくとも日常生活では、このあたりで見たことがありません。ふつうチェーン店とか国道沿いにありますよね。さてどうやって探そう、誰かに聞く?パソコンを使う?、私が採用したのは電話帳をひいて地図で見る。習慣的なやり方は早く安心してしまいますね。問題がおこらない限りは新しい方法に移行しにくいですが。発見、たぶんここにあるはず。行ってみると確かにありました。私が日常過ごしている少し外郭に。分からないものですね。ヴィデオ屋なんて数年ぶり、あんなに入り浸っていたのに。ちょっと新鮮でした。これは少し机に立って見たことになるのでしょうか。さてヴィデオですが「千と千尋の神隠しを」借りてしまいました。いまを生きている?面白かったです。

あえて、習慣的なやり方を変えて、ヴィデオを借りるまでの過程を楽しまれたということですか?習慣を変えるために、自分でちょっとした困難を創り出して学ぶ状況を作るやり方は役立ちそうですね。久しぶりということもあるのでしょうが、別のやり方で戸口に立つことも新鮮に物事を見ることに効果的なのかもしれません。そして、手に入れたヴィデオが千と尋の神隠しというのも楽しいですね。わたしも千と尋の神隠し見ました。面白かったです。(^^)/”

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87383/4729749

この記事へのトラックバック一覧です: 机の上に立ち上がって世界を眺める:

« フェルデンクライスメソッドの講座 | トップページ | 思っていることと実際に起きていること »