フォト

フェルデンクライス・メソッドの教室:Awareness Through Movement


  • ☆毎週土曜日

    10:30〜12:00

    自由が丘駅南口徒歩1分のカルチャーセンターです。


  • ☆毎週月曜日

    12:15〜13:55

    ☆毎週金曜日

    10:30〜12:10

    渋谷駅徒歩7分のダンススタジオです。


  • ホームページはこちらへ !個人セッションの申し込みはメールでお願いします.

  • ☆個人セッション申し込み

    個人セッションのご予約はこちらから

カテゴリー

ランキング関連(応援ありがとうございます。\(^^)/)

無料ブログはココログ

« ウェバー・フェヒナーの法則(Weber-Fechner's law)ハイセンスになるにはリラックスを!03 | トップページ | ユダヤ人が教える正しい頭脳の鍛え方 »

01 自立・・・足で床を押すことから

foot
仰向けで床に横になってみましょう。体がどんなふうに床に広がっていますか。

床に接触している部分はどこですか?床から浮いている感じがする部分はどこでしょう。
接触している部分は体の左右で違いますか、
右の踵と左の踵、右のふくらはぎと左のふくらはぎ、右の膝の裏と左の膝の裏...
体の下から頭まで左右の違いを感じてみましょう。

背骨を構成しているそれぞれの脊椎はどのように床に接触してますか?
どのように呼吸していますか?

このように、ボディイメージを確かめることをスキャニングといいます。

じゃあ、右膝を天井へ向けてまげて、右足の裏を床におきます。
そして、右足で床を押してみます。
止めて、また押してとゆっくりとこの動きを繰り返してみます。

いったい何をしているんでしょう?
なぜ、自分がこんなことをしているのかというという問いに答えることは難しいでしょうが、
自分でどのようにこの動きをしているかは感じ取ることはできますよね。
WHYとHOW同じ三文字なのに意味するところはずいぶん違います。

足の裏で床を押した分だけ、床から反作用の力が体へ還ってきます。

え? なにも感じないって?
それでは、ウェバー・フェフナーの法則を思い出してみてください。
動きを丁寧に、優しく、心地よく、ゆっくりとそして軽くしてみましょう。

どのように、力が流れ、つたわり、つながり、まわり、めぐるのかな。

自分がどのようにやっているのか、自分で観察します。

たぶん、無意識に右足をそこにおいていたので、意識的にほかの場所においたらどうなるだろう?
足の裏側のどこで押しているかに気づき、別の場所で押してみたりもします。
そう、足の裏は一尺もの長さがありましたね。

私たちはどのように歩くかという自分の習慣に気づきそれを変えることもできます。

動きを止めて仰向けになって、再び体をスキャニングしてみます。
前とはちがっていますか?例えば体の左右の違いはどうでしょう?

ね? 面白いでしょう!\(^^)/

« ウェバー・フェヒナーの法則(Weber-Fechner's law)ハイセンスになるにはリラックスを!03 | トップページ | ユダヤ人が教える正しい頭脳の鍛え方 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87383/4248503

この記事へのトラックバック一覧です: 01 自立・・・足で床を押すことから:

« ウェバー・フェヒナーの法則(Weber-Fechner's law)ハイセンスになるにはリラックスを!03 | トップページ | ユダヤ人が教える正しい頭脳の鍛え方 »