フォト

フェルデンクライス・メソッドの教室:Awareness Through Movement


  • ☆毎週土曜日

    10:30〜12:00

    自由が丘駅南口徒歩1分のカルチャーセンターです。


  • ☆毎週月曜日

    12:15〜13:55

    ☆毎週金曜日

    10:30〜12:10

    渋谷駅徒歩7分のダンススタジオです。


  • ホームページはこちらへ !個人セッションの申し込みはメールでお願いします.

  • ☆個人セッション申し込み

    個人セッションのご予約はこちらから

カテゴリー

ランキング関連(応援ありがとうございます。\(^^)/)

無料ブログはココログ

« 天空の城ラピュタはどこへ飛んでいくのかな? | トップページ | センタリング( Centering),中心感覚そしてセルフイメージ »

他人のルールを推理するゲーム

cards
このゲームはフェルデンクライスのトレーナーのアルマゴール博士から教わったトランプゲームです。人数は何人でもオッケーです。じゃあ、トランプを一セット用意してね。

 親が自分で決めたルールに従ってカードを出していって、子が親がどんなルールで出しているか推理して出すカードを当てるゲームです。例えば、親が心の中で偶数のハートを出すと決めて、それに従ってカードを出します。子は親のルールを推理して、当てはまりそうなカードを出します。親は自分のルールに当てはまっていれば、Yes、そうでなければ、Noとだけ答えます。また、親はカードを出し、次の順番の子は親のルールに当てはまりそうなカードを出して、親はYesかNOと答えます。これを繰り返して親がどんなルールで出しているか当てるゲームです。

 親が決めるルールは何でも良くて、例えば鼻を触ってから出すときはハートで、唇を触って出すときはスペードとかいくらでも考えられます。このゲームをやるとそれぞれの人が実に様々なルールを考えだせることに驚きます。結構ハマる楽しいゲームですよ。

 このゲームはユダヤ人の家庭では一般的にやられている遊びのようです。小さいときからこんな訓練をしながら育つからユダヤの人って優秀な人が多いのかなと思います。この遊びを通して、本人さえ気づいていない無意識の癖や習慣を気づけるようになれたら楽しいですね。

« 天空の城ラピュタはどこへ飛んでいくのかな? | トップページ | センタリング( Centering),中心感覚そしてセルフイメージ »

09.発想と思考」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87383/3755103

この記事へのトラックバック一覧です: 他人のルールを推理するゲーム:

« 天空の城ラピュタはどこへ飛んでいくのかな? | トップページ | センタリング( Centering),中心感覚そしてセルフイメージ »