フォト

フェルデンクライス・メソッドの教室:Awareness Through Movement


  • ☆毎週土曜日

    10:30〜12:00

    自由が丘駅南口徒歩1分のカルチャーセンターです。


  • ☆毎週月曜日

    12:15〜13:55

    ☆毎週金曜日

    10:30〜12:10

    渋谷駅徒歩7分のダンススタジオです。


  • ホームページはこちらへ !個人セッションの申し込みはメールでお願いします.

  • ☆個人セッション申し込み

    個人セッションのご予約はこちらから

カテゴリー

ランキング関連(応援ありがとうございます。\(^^)/)

無料ブログはココログ

« ウエバー・フェヒナーの法則(Weber-Fechner's law)ハイセンスになるにはリラックスを!01 | トップページ | 影との戦い »

ウエバー・フェヒナーの法則(Weber-Fechner's law)ハイセンスになるにはリラックスを!02

研究の時代背景を知っておいた方が理解がしやすいかな。この法則の適応と限界の範囲がわかりやすいでしょう。
この法則が発見されたのはギブソンよりいやゲシュタルトより遥か前の19世紀のことでした。

精神物理学のエルンスト・ヘンリック・ウェーバー(1795-1878)の初期の研究に基づいています。。 彼は定量的に物理的な刺激に対する人間の反応を研究する最初の人達の一人でした。グスタフ・シオドア・フェヒナー(1801-1887)は、その後ウェーバーの発見に理論的な解釈をしました。そして、フェヒナーは、ウェーバーが心/身体相互作用の基本原則を発見したと信じました。そのため、ウエバー・フェヒナーの法則(Weber-Fechner's law)と呼ばれています。さらに、ほとんどの場合、スティーヴンズのべき乗の法則として、より広範囲に適応できる数式として表現されます。

ウエバー・フェヒナーの法則(Weber-Fechner's law)を数式で表現すると
微分方程式として
weber01
微分方程式を解くつまり、積分して
weber02
ここで、Pは認識できる知覚、Sは刺激、S0は刺激のしきい値、Inは自然対数を表します。

昔に発見された法則とあなどっちゃ〜いけません!カラーコーディネイトやデザインから環境まで知覚と認識が関係するあらゆる分野の基本的な定量関係をあたえる方程式として役立っています。まあ、多くの場合にこういう根本的なことって無視されちゃんだけど、何か新しいアイデアを得たいときにはこういう根本的なところに戻ってみると役に立つ場合が多いよね。

« ウエバー・フェヒナーの法則(Weber-Fechner's law)ハイセンスになるにはリラックスを!01 | トップページ | 影との戦い »

06.ウェバー・フェヒナーの法則(Weber-Fechner's law)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87383/3421240

この記事へのトラックバック一覧です: ウエバー・フェヒナーの法則(Weber-Fechner's law)ハイセンスになるにはリラックスを!02:

» 精神物理学 [Tommy's 心理学 ~気になるアノ人の心を見抜くまでの軌跡~]
昨日は、ウェーバーについて取り上げました。 今日は、フェヒナーについてです。 フ [続きを読む]

« ウエバー・フェヒナーの法則(Weber-Fechner's law)ハイセンスになるにはリラックスを!01 | トップページ | 影との戦い »